2018.02.09

just in case......1月、ミラノで。

IMG_1070.jpg

冬のミラノ。石造りの建造物でできたヨーロッパは、ストーングレーがよく似合います。

1月末、2018年秋冬コレクションの前哨戦が始まりました。

しばらく、レディスファッションでは、新しい話題がなく、沈静化していたミラノの街も、最近のGucciの大改革と快進撃に、少し活気と自信を取り戻した様相。

イタリア人と日本人はよく似ている、と言われます。わたしもつくづくそう思うことがあります。きっと、イタリアも日本も、ツーリスト以外は、ほぼ単一民族でできている国ですから、だから似てしまうのかな、と。

特に、Gucciのように、国民的スターが現れると、いろんなことはさておいて(?)、単純に元気になったりするところは、どこかよく似ています。

とはいえ、日本と大きく違うのは、遺された街並み。

見慣れてしまっても、朝、夕には、残された遺跡のように美しい。

例えば、どこということもなく、そのあたりの同じ場所に、日がな一日座って空を眺めているだけでも、色っぽい景色が時間とともに現れるさま。どこからか、弦楽器の音でも聞こえて来そうな色気があります。

IMG_0435.jpg

IMG_0436.jpg

IMG_0443.jpg

白い不思議なテントにが見える建物は、私たち、買い付けに行くバイヤーや、ジャーナリストが、とりあえず、欠かさずに訪れるお店。Corso Como 10。

この店のディレクターで、ファッションアイコン、カルラ・ソッツァーニは、イタリア版Vogue編集長、フランカ・ソッツァーニの妹。カルラ自身も、ELLE、VOGUEで編集を務めたあと、このセレクトショップを立ち上げました。ファッションと同居する二人のよく似た姉妹。昨年、姉のフランカ・ソッツァーニが病で急逝し、業界に大きなショックを与えました。

ちなみに、フランカ・ソッツァーニの死を予感したのか、彼女の息子が撮影した、ドキュメンタリーは、リアルな彼女の在り方や、新しい刺激と挑戦の覚悟、自分に与えられた使命を全うする姿が描かれた感動的な映画でした。(イントロのリンクはこちら

IMG_0438.jpg

ファッションとアートを「体験する」ことをコンセプトに作られたこのミラノを代表するブティックは、「ものを買う」こと(手に入れること)で満たされるファッションへの欲求から、もう一度、それが、辿りつくまでの過程を体験することへ欲求でもあったことを思い出させてくれるようで、とても面白い空間。

IMG_0446.jpg

ギャラリーと、アートブックやポップなアーティストの雑貨が並ぶショップも併設され、ギャラリーの入り口付近から抜ける屋上に出ると、アートが無造作に青空に置かれた広い空間が広がります。

寒い1月末の屋上には、誰もいなくて、まるで、不思議の国に紛れ込んだような錯覚に。

IMG_0449.jpg

IMG_0450.jpg

IMG_0451.jpg

モードでエッジの効いたハイブランドが並ぶ、このブティックは、モダンでアートなカルラの世界観。

今の時代を感じさせる、大人のスポーティなひねりをさりげなく取り入れたスタイルが似合いそう。

IMG_1074 2.jpg

Blouson Monclaire / T shirt Paco Rabanne / Bag Paco Rabanne / Skirt Paco Rabanne

そうそう!ところで、着こなしといえば、定番の白シャツをどう攻略するか、ミラノ風、パリ風、ロンドン風の着こなしをPrecious.jpでご紹介中です。定番をしっかり攻略したら、次は、新しさを上手に取り入れましょう。

Precious.jpリンク:仕事に役立つ「白シャツ」の着こなしアレンジ術3

大切にしたい、その日のためのワードローブを。

銀座店 appearance 2/10 Sat, 11 Sun, 14 Wed, 15 Thu, 16 Fri , 17 Sat, 18 Sun

植原 ほの

植原 ほのHono Ueharaリデアカンパニー
執行役員 ウィメンズエグゼクティブスーパーバイザー / ストラスブルゴ銀座店店長

ストラスブルゴの商品を世界中のコレクションや展示会からバイイング、そして来日したデザイナーとの商談やシーズンディレクションまでをおこなう傍ら、現在は昨年オープンしたストラスブルゴ銀座店の店長もつとめている。店頭にてお客さまとお話し、洋服を通じてハッピーの連鎖を生むことが何よりも楽しいと語る、生粋のストラスブルゴウーマン。

RECOMMEND