PEOPLE

Hono Ueharaリデアカンパニー執行役員 ウィメンズエグゼクティブスーパーバイザー

植原 ほの

TITLEミラノ

2017.01.19

IMG_9302.jpeg

イタリア人は、カラーがとても上手なのに、街は、セピア色。

建物が、古く、外壁も道もすべて石づくりだから。そして、気温が低く、乾燥している1月末は、いつも街がセピア色。

そういえば、夏になると、なんとなく、太陽の色も暖色系になり、街に色があふれてくるような気がする。

今、プレコレクションでミラノに着ています。

セピア色の町に合わせて、今日は、ビックシルエットのPaco Rabanneのニットに、Pierre Hardyの靴を合わせて。

IMG_9394.jpeg

そういえば、もう一つ、セピアなミラノを思い出しました。

最近できた、Parda Foundationの地下。まるで、映画の中に迷い込んでしまったような、Futuristicな空間、、、、、、。

ミラノの毎日をお届けします。

IMG_9383.jpeg

TITLE今日の主役

2017.01.13

2017.01.13.jpeg

今日は、今シーズン(2016年秋冬)のパコラバンヌコレクションから、グラフィックが印象的なニットをチョイス。

60年代を代表する、パリコレクションをにぎわせたデザイナー、Paco Rabanneの今。創業者Paco Rabanneは建築を学び、

メゾンブランドのアクセサリーデザインを担当しながら、パリコレクションのコレクションデザイナーまで登りつめた異才。

ファッションデザイナーではなく、アクセサリーデザイナーだったが故に生まれた発想は、とても衝撃的でした。

pacorabanne.jpgbrand.gif

わたしがチョイスしたニットは、グラフィカルニットで、Paco Rabanneのブランドロゴ、モノグラムをデザインしています。

ネイビーに赤というスクールカラーや、大きく大胆に配置された『r』が気に入って購入したものです。

ボトムは、ロングのLemaireのデニムスカートに、定番のコンバーススニーカーで。

TITLE好きなもの、気持ちのいいものを大切にしたい2017年の始まり

2017.01.08

好きなものを大切にしたい、心の奥の気持ちのよろこぶものと暮らしたい、2017年も、正直に、感性をみがきたいと思います。

頭ではなく、ハートに響くもの、そこには、理由はいらず、こちらの感性が磨かれれば、共鳴するもののレベルもまた上がっていくもの。

だから、毎日を、妥協せずに、新しく、そして、いつの瞬間も最高にHappyでありたい、と思うのです。

A Happy New Year.jpeg

ところで、今日のわたしのコーディネイトの主役は、セドリックシャルリエのプリーツスカート。今シーズンのものではないけれど、やっぱり、大好きなものは、色褪せなくて、イマジネーショがわいてきます。

寒い冬の日、ロングコートの裾から、ちらりと見える、繊細でちょっと派手なプリーツ。

このプリーツを今日は、どう料理しようか、と考えるだけで、ワクワクします。

毎日の自分のために、やっぱり好きなものに囲まれたい、新しい年、2017年が始まりました。

2017.01.08.jpeg

CEDRIC CHARLIER PLEATS SKIRT