2017.04.18

Cedric Charlierの魅力

デザイナーが自身のコレクションを始めた初期のころから扱っている、いくつかのブランドがあります。

例えば、代表的なブランドは、今や、パリオートクチュールのメンバーでもある、Giambattista Valli、1990年に一度ブランドを立ち上げ、ラコステのクリエイティブディレクターに就任してから、ブランドを休止し、2006年からコレクションを再開したLemair、ブランドを始めたばかりだった頃のProenza Schouler。一時扱いを休止していましたが、近年、また再開し、ストラスブルゴを語る上で、今やなくてはならない存在になりました。まだ大きなブランドには成長していませんが、2007年にブランドを立ち上げた、Roberta Furlanetto。彼女のコレクションは、ハイブランドと決して劣らず、むしろ、素晴らしいものがあります。しばらく彼女自身の環境が変わり、ブランドを休止していたものの、2017年春夏から再開。そして、今回取り上げる、Cedric Charlier(セドリック・シャルリエ)は、彼のブランド立ち上げ当初から、応援をし、継続しているブランドです。

Cedric Charilerは、ベルギーに生まれました。

1998年にモエ・エネシー・ファッション最優秀賞を受賞しました。この賞は、多くの若い才能を見出し、賞を与えることで、世界にその名を知らしめる、インターナショナルで、最も注目される賞の一つです。

受賞後、マイケル・コース、セリーヌ、ジャンポール・ノット、ランバンなどでキャリアをつみ、2009年、キャシャレルのクリエイティブディレクターに抜擢されました。彼自身のデビューコレクションは、2012年秋冬コレクション。

この、まさに翌シーズンから、ストラスブルゴは取り扱いを始めました。

PastedGraphic-2.png上は、彼のコレクションの変遷の一部です。

彼のコレクションの面白さは、ヴィヴィッドなカラーを使った都会的なアイテム。そして、スタイリスト的目線で提案するスタイリングの面白さです。

ヴィヴィッドカラーのアイテムは、毎シーズン、様々なアイテムの中に登場し、特徴的なのは、大きな面積で大胆にカラーを使うこと。そして、それらのカラーアイテムを身につけるとき、自然と、カラーを重ねて着ていくような、遊びを体験できます。また、スタイリスト的目線というのは、多くのデザイナーは、アイテムの中に、様々なディテールを加え、1点のオリジナリティを表現しますが、セドリックの場合、それぞれのアイテムは、いたってシンプルであるのに、スタイリングすると、迫力のあるスタイルが完成します。だから、それぞれのアイテムはいたってシンプルなことが多く、リアリティを感じさせます。

2017年春夏から、セドリック・シャルリエは、パリファッションウィークにメインコレクションを発表することをやめ、シーズンに1回だけ、しかもウィメンズコレクションより約1ヶ月早く行われるメンズコレクションの時期にのみ、ショーを行う決断をしました。

今も、多くの一流ブランドが、ワンシーズン2回のコレクション(プレ、メイン)を行い、年4回ものコレクション発表に向け、めまぐるしいカレンダーに追われている中、セドリック・シャルリエは、より、1回のコレクションの完成度を高めるために、勇気ある行動を起こしましました。

この2017年春夏から、さらに成長していくセドリック・シャルリエのコレクションから目が離せません。

PastedGraphic-4.png

植原 ほの

植原 ほのHono Ueharaリデアカンパニー
執行役員 ウィメンズエグゼクティブスーパーバイザー / ストラスブルゴ銀座店店長

ストラスブルゴの商品を世界中のコレクションや展示会からバイイング、そして来日したデザイナーとの商談やシーズンディレクションまでをおこなう傍ら、現在は昨年オープンしたストラスブルゴ銀座店の店長もつとめている。店頭にてお客さまとお話し、洋服を通じてハッピーの連鎖を生むことが何よりも楽しいと語る、生粋のストラスブルゴウーマン。

RECOMMEND