PEOPLE

Kiori Kawabeストラスブルゴ福岡店ウイメンズ

川邉 季織

TITLE川邉季織の文藝日記 Chapitre 3.5 閑話休題

2017.05.03

【Le musée de STRASBURGO】



muséeとはフランス語で博物館の意味。

このページでは2週間に1度、

館長がおすすめするモノやコトについて、

世界中の文学・映像・音楽・絵画といった文化的な視点に関連づけてご紹介いたします。



本日は第3.5回目のLe museé de STRASBURGO

難しい小論や解説はよして、しばしの閑話でございます。




IMG_0856.JPG

「何かお飲み物はいかがでしょう?」

ストラスブルゴでお買い物をしていると、スタッフからそう尋ねられる場面があります。

日差しが鋭くたまらない日のご来店や、

たくさんご試着いただいたあとの小休憩、

お連れ様のお待ち時間などなど、

スタッフがドリンクサービスのご提案をさせていただくことがあるのです。

 

 ドリンクメニューは在庫状況によって異なりますが、

なかでも、季節を問わず女性のお客様からご好評をいただいているのが「紅茶」です。



IMG_1398.JPG

ストラスブルゴがお客様にとって快適で寛いだ空間であるように、との思いから

MARIAGE FRÉRES社のフレーバーティー、マルコ・ポーロをご用意しています。

フランスのマリアージュ家は17世紀から代々、ペルシャやマダカスカル諸島との通商に携わる家系でした。植民地産のお茶や香辛料、食料品をあつかう商いを伝統とし、父親から息子へと引き継がれた家業はリールからパリへと拠点を移します。

そして1854年に、アンリとエドゥアールのマリアージュ兄弟が、当時パリの中心であったマレ地区に紅茶専門店「MARIAGE FRÉRES(マリアージュ兄弟の意)」を開店しました。

はるか海のかなたにある中国やセイロンとのルートを維持してきたMARIAGE FRÉREは、フランスで最初のお茶の輸入会社として、良家や高級食料品店、サロン・ド・テや格式のある高級ホテルにお茶を卸すようになり、その品質の確かさは今日まで高く評価され続けています。



「お茶は高貴な飲み物である。お茶を入れる支度は技術と伝統が出会う芸術である。」

とはアンリ・マリアージュが遺した言葉であり、彼は日本茶や中国茶にあるような伝統様式や作法を紅茶の中にも見出し、〈L'art français du thé=フランス流紅茶芸術の確立をライフワークとしました。



IMG_1396.JPG

ストラスブルゴでお出ししているマルコ・ポーロは、MARIAGE FRÉREの紅茶の中でも特に人気のフレーバーティーです。中国とチベットの花と果物による特別な芳香が、計算しつくされた割合で調合され、優雅で贅沢な時間を演出します。

私どもスタッフは、この一流の茶葉を台無しにしてしまわないように、MARIAGE FRÉRE社の求めるきちんとした手順を踏んで、お客様に紅茶を準備しています。

ティーポットとカップをあたため

茶匙1杯の茶葉へ、あつあつのお湯を注ぎます

 茶葉が循環して浸出するまで、たっぷり2分間~3分間待ち

 カップに注いだ後、しばらくの時をおいて香りが高まったら

 最高の紅茶を味わっていただくべく、やっとお客様のもとへカップをお持ちします。

そんな訳で、ストラスブルゴのドリンクメニューの中で紅茶は、最も給仕に時間のかかる飲料なのです。

同時に、お客様から「美味しい紅茶!」とご好評をいただいたときの喜びもひとしおです。

お客様の中には、ストラスブルゴでドリンクサービスを提案されたら紅茶しか頼まないと決めている方もいらっしゃるとか。

 機会がありましたら是非、スタッフにお申しつけくださいませ。

スタッフ一同、心を込めてご用意いたします。




 いつもストラスブルゴ福岡店をご愛顧頂いている皆様と

もっともっと知的で洗練された時間を共有したい...

その思いから始まったLe museé de STRASBURGO

第3.5回はMARIAGE FRÉREについて余談をいたしました。

次回は閑話休題。紅茶を飲みながらごゆるりとお待ちください。




※混雑時やSALE期間中はドリンクサービスを控えさせていただきます。

TITLE川邉季織の文藝日記 Chapitre3. 薬指の標本~浸食する靴と彼女~

2017.01.10

Le musée de STRASBURGO


muséeとはフランス語で博物館の意味。

このページでは2週間に1度、

館長がおすすめするモノやコトについて、

世界中の文学・映像・音楽・絵画といった文化的な視点に関連づけてご紹介いたします。



無題.png

小川洋子著『薬指の標本』(1998) ※左:仏語版ペーパーバック 

                   右:2005年公開のフランス映画



海外で有名な日本人作家といえば____

かつてノーベル文学賞を受賞して世界的知名度を確固とした川端康成と大江健三郎はもちろん、現代日本文学界の第一線をゆく村上春樹を思い浮かべない方はないでしょう(ちなみに村上春樹氏は、来る2月24日に新潮社から新刊の発売を予定しており、世界中のハルキストが待ち焦がれていますね)。


館長がフランスに留学していたとき、読書好きな友人に同じ質問をすると、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、と純日本文学作家の名前がならび、次は当然、村上春樹。そしてかなりの確率で「ヨーコ・オガワ!」と好意的な声で挙げられたものでした。


19世紀中頃、主にフランスで顕著となったジャポニスムが象徴する通り、島国特有の排他的文化を背景に育まれた「日本人の美意識」は、それまで西洋文化が礼賛してきた美の在り方に変革をもたらしました。人々は新たな美の視点を獲得するとともに、異文化の介入をほとんど許してこなかった断絶的で秘匿された日本の伝統と文化に、ある種の神秘を感じたのでした。

そして21世紀の今日、様々な人種と文化が混在するフランスにおいて、日本文化はかなり歓迎されている部類だと言って良いでしょう。柔道や剣道、茶の湯や禅など、フランス文化に浸透して最早その一部になったかと思われるものも多く、熱狂的な日本趣味を抱き続けるフランス人も少なくありません。

文学も例外ではなく、フランスの海外文学を扱う書店に行けば littérature japonaise(=日本文学)の棚は大抵、予想よりもはるかに幅をとっています。古典や純文学だけでなく、今話題のベストセラーから新人作家の処女作まで。日本並みの完璧な品揃えとはゆきませんが、国外の書店としては豊富です。


さて、件の「ヨーコ・オガワ!」というのは、芥川賞や泉鏡花賞など数々の権威ある日本文学賞に輝いた作家、小川洋子女史のことであり、先に述べたようなフランスの書店で彼女の作品を見つけるのは至極簡単です。村上春樹がアメリカで愛されている作家とするならば、小川洋子は間違いなくフランスで愛されている作家です
。処女作の『揚羽蝶が壊れる時』や日本で注目が集まった『博士の愛した数式』など、ほとんどの作品がフランスで翻訳出版され高い評価を得ています。

今回ご紹介する小川洋子著『薬指の標本』は、1992年7月に文芸雑誌『新潮』に初掲載されました。2年後の1994年に新潮社から単行本が出版され、2005年にはセザール賞を受賞したフランス人映画監督ディアーヌ・ベルトランによって映画化されました。



vlcsnap-2011-08-27-21h37m05s198.png

 清涼飲料水の工場で機械に薬指の先を挟んで切断してしまった"私"は、街を彷徨うあいだにたどり着いた〈標本室〉で事務員として働くことになる。

火事で焼けた家の跡に生えたきのこ、亡くなった恋人が作曲した音楽、大切に育てていた文鳥のちいさな骨――それぞれの記憶にまつわる物を標本にしてほしいと〈標本室〉を訪れる依頼者たち。

 そしてある日、"私"は雇い主の標本技術士から「毎日履いてほしい」と靴を贈られるが...


vlcsnap-2011-08-27-22h26m50s103.png

(主演のオルガ・キュリレンコは、この映画の後、007シリーズにボンドガールとして出演して大きな成功をつかみました)



小川洋子はこれまでの作品で、喪失や孤独、生と死、官能と回帰など、一見してネガティブであったり哲学的であったりするテーマを扱ってきました。すべての作品に共通するのは、圧倒的な静謐。しかし、繊細かつ緻密な言葉運びに加え、作者自身の赦しと救いが感じられるストーリーテーラー振りで、読了感が憂鬱だけで終わらない独特な世界観をつくりだしています。

『薬指の標本』では、"私"が身体の一部である薬指の先を失う「喪失」のメタファーに続き、履かせられた靴によって絡めとられ、浸食されてゆく、支配と隷属の「官能」を描いています。なかでも、標本技師が"私"のスニーカーを脱がせ新しい靴に足を入れさせる場面の描写は秀逸です。静まりかえった空間に響く靴音は、この物語が結末へと向かって滑り出したことを告げるホイッスルのように、鋭く際立った響きを読者の耳に感じさせます。



「___僕に新しい靴をプレゼントさせてほしい。」

「まぁ、ぴったりだわ。(中略)・・・まるで、わたしの足型を取ってから作った靴みたい。」

「・・・これからは、毎日その靴をはいてほしい。電車に乗る時も、仕事中も、休憩時間も、僕が見ている時も見ていない時も、とにかくずっとだ。いいね。」

vlcsnap-2011-08-27-21h48m27s109.png

___朝、革靴に足を突っ込む時はいつも、ふくらはぎをつかんでいた彼の指の感触を思い出す。・・・(中略)靴は軽やかで、歩きやすかった。ただある瞬間ふと、両足にすき間なく吸いついてくるように感じることがあった。そんなときは、彼に足だけをきつく抱き締められているような気分だった___



靴が次第に足を浸食し、身体と同化して標本技師の支配から抜け出せなくなってゆく過程を、小川洋子は心理的側面と感覚的側面の両方から読者に提示します。しかしこれはいずれも精神上の往来であり、読者が肉体的側面の支配と隷属を意識するのはもっと頁が進んだあとのことです。小川洋子は複雑な文章を書かない作家という印象があります。小学校時代に使った教本のように平易で優しい文体から滲む、不穏な予感と安らぎが綯い交ぜになった空気は読者を包み、締めつけ、いつの間にか私たちは小川ワールドに閉じ込められているのです。『薬指の標本』を読み終わるとき、束縛されたのは主人公だけではなかったと、私たちは気付くことになります。


vlcsnap-2011-08-27-22h51m14s153.png

館長がはじめてこの本を手に取ったのは、2002年のこと。

標本技師が"私"に贈った靴は一体どんな靴なのだろう?と思いを巡らせていました。

そしてそれは何となく、丁寧になめされた上質で柔らかな革でつくられた靴であるように考えていました。

映画を観たのはもっとずっとあと。

原作に比べると映画版は、セクシュアリティやミステリーを演出しすぎているように感じますが、劇的な起伏のない密やかな映像がフランス映画にしか出せないニュアンスと相まって、眠れない夜にひとりで観たいような、そんな謐かな作品になっています。


監督のベルトラン氏が原作から読み取ったメタファーが視覚化されたことで、内容がより深まった点もあります。監督は物語の主要な小道具となる靴にこだわり、この映画のためにデザイン・製作させてサイズ違いを何足も用意し、撮影がすすむ毎に女優に履かせる靴を小さくしていったということです。また、映画版では"私"が橋を渡る場面が多く挿入されました。生活の拠点となるホテルは港町にあり、"私"が〈標本室〉へ通勤するためには橋を渡らなくてはなりません。これは館長の私見ですが、橋は此岸と彼岸、現実と幻想、生と死をつなぐ中間地点の役割を果たしていたように思います。2つの場所を行き来する"私"ですが、〈標本室〉から肌身離さず履いてきた靴だけは絡みつく蔦のように"私"の足を束縛し、やがて人の知らぬ深淵へと引きずり込んでゆくのでした。鑑賞者にこういった思考の展開余地を与える手法ひとつとっても、ベルトラン氏がいかに小川洋子作品の熱心な読者であったか伺わせるものがありますね。



無題.png

標本技師が贈った靴はどんな風だったのだろう___?

今館長の考えるそれは、映画を観たからでしょうか、どこか古風で折り目正しい印象のメアリー・ジェーンであるような気がしています。

丸みを帯びてつま先を柔らかく包むラウンドトゥに、甲を落ち着かせる一重あるいは二重の華奢なストラップ。ヒールはかっちりと太めのローヒールか、現代風に履くのであればドラマティックな8cm以上のスティレット。

季節は1年中。ジーンズに白Tシャツのカジュアルスタイルから、エレガントなスカートや少しかしこまったワンピースのコーディネートまで。女性のクローゼットにあるもので、メアリー・ジェーンに合わせられないものはほとんどありません。

「毎日履いてほしい」という標本技師の要求も、そう難しいものではなかっただろうと想像します。

ボトムスばかり集めすぎて慢性的な靴不足に陥っている館長としては、このあたりで万能シューズたるメアリー・ジェーンをワードローブに加え、己の足の如く毎日履きたいくらいです!




 大変ご無沙汰の開館となりました【Le musée de STRASBURGO】。

第3回は、小川洋子著『薬指の標本』/ディアーヌ・ベルトラン監督〈L'annulaire〉についてご紹介しました。




<参考図書>

小川洋子著『薬指の標本』(1994年10月/新潮社)



館長K

TITLE川邉季織の文藝日記 Chapitre2. Olympia ~視線によって暴かれる彼女~

2016.10.13

Le musée de STRASBURGO


muséeとはフランス語で博物館の意味。

このページでは2週間に1度、

館長がおすすめするモノやコトについて、

世界中の文学・映像・音楽・絵画といった文化的な視点に関連づけてご紹介いたします。



__どんな展覧会に行っても、二百歩もはなれたいく部屋も手前から、

はやくも他のすべてから際立って見えるタブロオはただひとつしかない、

それはきまってマネのタブロオである__

                          デュランティ

※タブロオ(tableau) :フランス語で絵画作品の意。



オランピア(1844-1927).jpg

Olympia(1862-1863)

19世紀フランスの美術批評家デュランティが好意的に述べた通り、

現在、セーヌ川左岸パリ7区に建つオルセー美術館が収蔵するマネの作品たちは、

「必ず見るべき名画」として毎年多くの観覧者を世界中から迎えています。

その中でも、ある種、魔術的な魅力をもって私たちの視線を惹きつけているのが、

1962年-1963年に制作されたマネの代表作<Olympia オランピア>です。

しかしながらこの作品が発表された当時のパリで、

<Olympia オランピア>は苦々しい驚きと嘲笑を人々のあいだに巻き起こし、

芸術作品の古典的神秘性と伝統的様式を愚弄するスキャンダルとして扱われました。

エドゥアール・マネは1832年、パリの謹厳なブルジョワ階級の家庭に生まれました。

法務省勤めであった父親と同じく高級官僚としての道を嘱望されますが、

名門中学コレージュ・ロラン在学中に画家を志すようになります。

伯父につれられてルーブル美術館へ通い、偉大な古典的名作の数々に触れ、その様式や技法を少年の瞳に映しました。

息子が画家になることを主張したとき、マネの父親は画家トマ・クーチュールのアトリエで息子に学ばせることを決意します。

伝統を重んじるクーチュールに師事したマネがなぜ、後に官展で展示中止を余儀なくされるほどの"問題作"を世に送り出すに至ったのでしょう...?

という切り口は、実は、マネの絵画を学んでいない批評家が好んで使う紋切り型の提起です。

マネと同時期を生きたフランス人ジャーナリスト、アントナン・プルーストは、

自身の著作『マネの想い出』で次のように述懐しています。

___月曜日に、その週のためのポーズが与えられるが、その日になると、マネはきまって教授のモデルたちといざこざを起こすのだった・・・「そんなのは不自然だ」とマネは叫んだ。「いったい君は、八百屋で赤かぶを一束買うのにそんな恰好をするのか」___

これは、後に"マネのモダニズム"と呼ばれる作風の一端を象徴する、見逃すことのできないエピソードです。

言うまでもなく、ルネサンス以来芸術は、神話の世界や圧倒的な権威を表現するつとめを持っていました。

絵画に描かれる神々や人々は、絢爛な衣装を身にまとい(あるいは何も身にまとわず)、画家がそれと計算した優雅な所作と表情で、品位と偉大さを示していたのです。

ところが画学生のマネは、アトリエのモデルがとる大袈裟で芝居がかったポーズに我慢ならず、絵画が語るべきとされた「威厳あるもの」の表象に背を向けました。

さて、もう一度〈Olympia オランピア〉を見てみましょう。

暗くくすんだ色調、真実そのものの肉体。

裸体にアクセサリーのみを身につけ、片足には脱げかけのサンダル。

黒人の召使いが持っているのは恐らく、パトロンから贈られた花束。

投げ出した足元には"女性器"を表す黒猫が描かれ、その昂りを隠そうともせず尾を立てている...。

そして人々の憎悪を決定づけたのは、当時のパリで高級娼婦がよく源氏名として使った〈オランピア〉というタイトルでした。

マネは、1856年にイタリア・フィレンツェにあるウフィッツィ美術館を訪れた際に模写した、

ティツィアーノ作〈Venere di Urbinoウルビノのヴィーナス〉を下敷きに〈Olympia オランピア〉を描きました。

f082763a.jpg

(足元で眠る子犬は"従順"を表す)

高雅な神話の世界から、娼婦のいる小部屋への転落。

19世紀フランスにおいて、マネの絵画が芸術への冒涜的態度と蔑まれ、ショッキングな出来事として噂されたのも無理からぬ話でした。と、大抵の美術書ではこう解説を締めくくるでしょう。



しかしながらこの〈Olympia オランピア〉のスキャンダラスな側面について考察するとき、

もう少し踏み込んだ見地を私たちに与えてくれるのが、20世紀フランスの哲学者、ジョルジュ・バタイユとミシェル・フーコーです。

哲学・文学がお好きな方には、言わずと知れた2人ですね。

「マネの絵の中で重要なのは主題ではない、重要なのは光の震えである」とバタイユは述べています。

そして、バタイユから少なからず影響を受けたとされるフーコーは、画家マネについておびただしい量のメモをとり、ミラノ・東京・フィレンツェ・チュニスで開催した講演会の中で、マネの絵画と照明の関係について極めて興味深い考察を発しているのです。

___つまりティツィアーノの〈ヴィーナス〉が目に見え、見られているのは、そのような一種の光源、慎ましく、明るく輝いて横から彼女を照らしている、それも、いわば彼女やわれわれの意とはかかわりなく照らしている光源があるからなのです____

フーコーはこのように論じ、かつて古典的絵画で描かれた女神や妖精の裸体は絵画の内側から発される光によって照らされていたことを主張します。陽光、あるいは天から降り注ぐ威光などによって、彼女たちが裸で身を横たえたり湯あみしたりする場面は、いつもキャンヴァスから溢れんばかりの光に満たされています。彼女たちの裸体は私たちが見ようとして見るのではなく、その光景は鑑賞者の在/不在に関わらず照らされてそこにあるものであり、私たちは偶然その場面に立ち会ったにすぎないのです。更にフーコーは、〈Olympia オランピア〉についてこう続けます。

___さて一方、マネの〈オランピア〉が目に見えるのは、ある光が当たっているからだということがお解りでしょう。その光は、優しく慎み深い側面からの光では全くなくて、非常に暴力的に、真正面から照らす光です。それは前から来る光であり、キャンヴァスの前面にある空間からやって来る光です。・・・つまり、〈オランピア〉の裸体に向かい合って、それを照らし出しているのはわれわれの視線にほかならない。・・・彼女を見ることでわれわれは彼女を照らし出しているからです。つまるところわれわれの視線と照明とはひとつの同じものでしかないからです___

作品を見ることと照らし出すことが同時性を持っているために、私たち鑑賞者はオランピアの裸体に巻き込まれ、責任を負うことになります。こうした美学的な変容が道徳的スキャンダルを引き起こすのだと、フーコーは結論付けたのでした。



19世紀には批判の的となった<Olympia オランピア>ですが、

2010年パリではじめてその実物を見た日、

私は古書店めぐりや友人とカフェで議論を交わしながらも、

午後中その憂いある美しさを忘れることができませんでした。

白くつめたい肌と空虚な眼差し。

ある人はそれが文学的な死の美しさに似ていると言います。

バタイユが研究分野のひとつとして死を扱ったことを思えば、彼が熱意を込めて『マネ論』の執筆にあたったことも不思議ではないのかもしれません。

この点についてはまた別稿でお話しすることにしましょう。



さて、館長が〈Olympia〉に関連して注目したいアイテムと言えば...そう!

Hapitre.jpg

2016年のトレンドアイテム "チョーカー"です。

〈オランピア〉が首に結んでいたシックなチョーカーを覚えていますか?

トレンドのひとつとあって、今季はコスチュームジュエリーブランドから様々なタイプのチョーカーが発表されています。

館長は、幅の太いデザインやベルベット素材のチョーカーをすると何となく「やりすぎ」に見えてしまうため、

NYブランド<Fallon>のビジュー付きチョーカーを選びました(画像の右列中央)。

細いレザーリボンのハードさを、ジグザグに並んだクリスタルが中和してくれます。

キャッチーなアイテムとして雑誌を賑わせているチョーカーですが、

せっかくゲットするのなら、流行が去っても長く愛せる1本を探したいですね。

いつものニットスタイルにプラスするだけで、エレガントさと新鮮なスタイルの両方が実現します。



今回はちょっと長めだったLe musée de STRASBURGO

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

余談ですが、若き日のマネと盛んに交流した画家エドガー・ドガが描いたいわくつきの作品

〈マネとマネ夫人像〉は、福岡の北九州市立美術館に収蔵されています。

どこがいわくつきかと言いますと、ドガがマネにこの絵を贈ったとき、

妻の顔を太めに描きすぎだと怒ったマネが、絵の一部を破り去ったのだとか...。



第2回【Le musée de STRASBURGO】、エドゥアール・マネ作<Olympia>についてご紹介しました。



館長K




≪今回の参考文献≫

ジョルジュ・バタイユ著『沈黙の絵画』(二見書房/1972年)

アントナン・プルースト著『マネの想い出』(美術公論社/1983年)

ミシェル・フーコー著『マネの絵画』(筑摩書房/2006年)