PEOPLE

Merchandise DEPT. Men's Sectionメンズ商品部

Merchandise DEPT. Men's Section/メンズ商品部

TITLEPITTI UOMO 93速報 Vol.2

2018.01.12

Pitti Uomo93速報第2弾です。
今回はEDWARD GREENとKIREDのブースをご紹介いたします。

■EDWARD GREEN
Pitti Uomoには多くのメーカーがブースを構えておりますが、その中でもひときわ目を引くのがやはりEDWARD GREENです。

EDWARD GREEN.jpg

そのEDWARD GREENから発表された新モデルを2型ご紹介致します。

まずはこちら。

EG_01.jpg EG_02.jpg

熟練の職人の技がひかるスキンステッチ、ライトアングルステッチとシングルモンクストラップがエレガントな表情をみせるUチップモデル『Clapham/82E』。EDWARD GREENのクラフツマンシップを感じることができる一足ではないでしょうか。

そしてこちら。

EG_03.jpg

ともすると野暮ったい印象になりがちなウィングチップのブーツも、EDWARD GREENに任せれば端正でスマートなドレス顔に。『Brockenhurst/82E』はEDWARD GREENのブーツの新定番になるかもしれませんね。

■KIRED
Kitonグループのアウターウェアブランドとして注目されているKIRED。
今回のPittiでは"新しい"が目白押しでした。

KIRED_01.jpg

これまでKIREDの中でも定評のあったレーザーカットのシリーズにウール調ボンディングのモデルが登場。
トグルボタンが目を引くダッフル型のコートも!!

KIRED_02.jpg KIRED_03.jpg

ラビットファーを配したコートやムートンも登場し、KIREDの進化から目を離せなくなる内容です。

KIRED_04.JPG

メンズ商品部

TITLEPITTI UOMO 93速報

2018.01.11

ただいまイタリアのフィレンツェではメンズファッションの一大展示会Pitti Uomoが開催されております。

今回はLARDINIとGabriele Pasiniのブースをご紹介!

■LARDINI
30~40年代の英国をイメージしたというLARDINIはブースを新たにプレゼンテーション。

LARDINI_01.jpg

フォーマルウェアの充実やニットガウンやショールカラーニットとジャケット、ジレを合わせた技ありレイヤードなどLARDINIから発信される新たな着こなし提案を含めた素晴らしい内容です。

LARDINI_2.jpg LARDINI_03.jpg LARDINI_04.jpg

また、『アドバンス』と呼ばれるパッカブルのスポーツ系アウターの新シリーズも登場し、注目を集めております。

LARDINI_05.jpg

■Gabriele Pasini
50年代のイタリアとトラディショナルな英国生地のミックスをイメージソースとした今回のGabriele Pasini。

Gab_01.jpg Gab_02.jpg

ここ数シーズン続いている英国調パターンの流れを踏襲しつつも、ガブリエレ氏の感性と表現力によって、また新たなプレゼンテーションへと昇華させております。

Gab_03.jpg Gab_04.jpg

LARDINIのSartoriaラインと同様にフル毛芯のモデルも登場し、ますます充実のラインアップとなっております。

Gab_05.jpg

メンズ商品部

TITLESTRASBURGOが提案する紳士の装い

2017.12.15

本格的な冬を迎え、フォーマルなパーティに参加される機会も増えてきたという方も多いのではないでしょうか。

実はストラスブルゴではこの秋冬シーズンから本格的にフォーマルウェアや小物の取扱いを始めました。

IMG_3561.jpg

フォーマルウェアの代表格であるタキシードも、ストラスブルゴが提案するのは王道の中にもモダンさを感じることができるもの。もちろん"STRASBURGO QUALITY"に相応しい完成度の高さも兼ね備えております。

IMG_6008.JPG IMG_6010.JPG

ストラスブルゴ専属のテイラーとして活躍する大島崇照が監修したタキシードは、フォーマルウェアと言えど野暮ったさを感じさせず、現代的なフォルムと、伝統的な拝絹ピークドラペルや拝みの1つボタンがエレガントさを演出し、着る人の魅力を引き立てる逸品です。

パンツはノータックのベルトレス仕様で腰回りをすっきりとした印象に。
太めのパンツが多いイメージのあるフォーマルウエアですが、ストラスブルゴらしいモダンなシルエットが嬉しいところ。

IMG_6299.jpg IMG_6266.JPG

見た目の良さもさることながら生地にもこだわっています。
正礼装のモーニングなどにも採用されている"バラシア組織"といわれる特殊な織り地は、350年以上もの歴史を誇る老舗服地メーカーのカノニコ社のもの。
VITALE BARBERIS CANONICO 280g!!

拝絹に使用しているシルクグログランも、細畝の別注素材を採用しています。

IMG_6011.JPG

もちろん、ストラスブルゴこだわりの小物もそろっています。

IMG_9850.JPG IMG_3288.JPG IMG_3315.JPG

クラシカルな装いの中にもモダンさが光る、ストラスブルゴが提案する紳士の装いで、パーティシーンに差をつけてみてはいかがでしょうか。

DORMEUIL社の生地を使用したコードパイピングを施したスーツをウェブサイトでご紹介中です!
↓ ↓ ↓
http://strasburgo.co.jp/floor/mens/stylefile/2017/12/formal.php


メンズ商品部