NEWS/ INFORMATION

~Gabriele Pasiniアトリエレポート~


STRASBURGOでしか読めないスペシャルコンテンツ、Gabriele Pasini アトリエレポートです。普段見る事のできない貴重な写真も多数ありますので、最後までご覧ください。

2c7ee1ae50cf9a8c5b392b3598a9965dd45204b8.jpg
6b666c14abdbd043d1c4b57cb1c6ef3c8155173f.jpg


前回ご紹介したLARDINIファクトリーのあるアンコーナから車で約2時間のところに、"モデナの怪人"の異名をもつGabriele Pasiniのアトリエ兼オフィスがあるモデナという街があります。モデナは古い建造物が多く歴史を感じさせる街並みです。日本でいう京都、古都のようなイメージの街並みです。

6997fa3b9b3aa13b4ce4ae9764dbc8c1dc73d62e.jpg
a3f3750fbae056b56e66c5d5d6be481856b90e08.jpg


Gabriele Pasiniのオフィス。こちらはブラックを基調としたアーティスティックな空間が広がっています。モデナの街並みとは一見、モダンなガブリエレワールドに変化します。

567.jpg

8910.jpg

壁一面には、サンプルがずらりと並んでいます。ドローイングだけでなく、イメージが膨らむようにコーディネートされています。さらには、ベースとなる服生地だけでなくシャツやネクタイ生地まで貼られており、Gabriele Pasiniの拘りがうかがえます。

b41f0fe490abb047e0330128d18270c8a5c99946.jpg
33978ea3617100b91be6d16254999c00cf0fc4e2.jpg


こちらはAW18シーズンのコンセプトやテーマを話しながら、生地やモデルの選定のミーティングの様子です。専門スタッフが何人もいるLARDINIとは違い、デザイナーでもあるGabriele Pasini本人が細かいところまで落とし込みミーティングを重ねていきます。

d7f44a506fa47231c21f41ec354dda865054640c.jpg

初公開のベッドルーム。オフィス兼アトリエの横の部屋に位置し、ベッドルームまでもGabriele Pasiniの雰囲気が漂います。その隣にはシャワールームもありホテルのようなアメニティも用意されており、快適に宿泊できるよう準備されています。

abe64e834e8c2ae32ceb595a14414fb4602a609f.jpg

オフィスから徒歩5分ほどの建物には、23年前にオープンしたGabliele Pasiniショップ1号店があります。Gabriele Pasiniの思いが詰まった、モダンな空間と世界観が表現されています。

0f42be6eba97349cf27c9effb553ebe095b94d98.jpg
97dfde2bdb7d101737d804fff1034fcd0cffa9fc.jpg


店内もオフィスと同様にブラックを基調としており、Gabriele Pasiniの世界観が表現されています。 入口側から奥にむけての写真、右奥にはフィッティングルームと左側には大人一人通れるくらいの階段があります。 お見せできないのが残念ですが、階段の壁面には数多くの写真が飾られており、日本の著名人の方の写真もあります。

edca77655aab7a6caa39c638ef95229553bebe80.jpg
4d4ee2b7dbd564fda331115b3ded1e887afa7dd3.jpg


スーツやジャケット、また日本では入荷の少ないシャツやネクタイも豊富にありました。


0bb61f21892150f1dc76456187d9c3029188106a.jpg


2Fには赤を基調としたアウトレットコーナーがあります。 日本展開のないものも豊富にあり、大人の宝箱のような雰囲気です。 どこを切り取ってみても、Gabriele Pasiniの世界観が表現されており、その世界に浸れるショップになっています。


Gabriele Pasiniの商品一覧はこちら
cartbutton.jpg

CATEGORY