CATEGORY

strasburgomonthly.jpg


JOURNEYMAN <COAT> ¥78,000+TAX
cartbutton.jpg
DESCENT <BLOUSON> ¥28,000+TAX 店舗までお問い合わせください
JOURNEYMAN <CUT & SEWN> ¥7,800+TAX
cartbutton.jpg
SOLIDO<PANTS> ¥25,000+TAX
cartbutton.jpg
CISEI<BAG> ¥138,000+TAX
cartbutton.jpg

monthlytitle12.jpg

monthlytitle4.jpg  エドワード グリーンのサイドエラスティックにブルーのソックス、そしてスウェットリブパンツという装いは、ロンドンの伝説的スタイリスト、レイ・ペトリを中心としたクリエイティブ集団『バッファロー』が提案したスタイルを現代的に再解釈したもの。
また、中南米のギャングをイメージしたピークドラペルのコートにハット、そして頭に巻いたストールという合わせによって、冬の単調なスタイリングにアクセントを加えています。


taishinobukuni001.jpg


GABRIELE PASINI <COAT> ¥189,000+TAX
cartbutton.jpg
CRUCIANI <KNIT> ¥98,000+TAX
cartbutton.jpg
JOURNEY MAN <PANTS> ¥21,000+TAX
cartbutton.jpg
BORSALINO <HAT> ¥38,000+TAX 店舗までお問い合わせください
CAUSSE <GLOVES> ¥63,000+TAX 店舗までお問い合わせください
STRASBURGO <SOCKS> ¥1,900+TAX 店舗までお問い合わせください
EDWARD GREEN <FITZWILLIAM / SHOES> ¥156,000+TAX
cartbutton.jpg   




monthlytitle10.jpg
今季ストラスブルゴのテーマである「エターナル ミリタリー」を前面に表現した、カーキを中心としたスタイリング。
ともすると、子供っぽかったり高級感が損なわれたりしがちなミリタリーテイストを大人っぽく着こなすポイントとなるのが、エドワード グリーンのサイドゴアブーツとシセイのショルダーバッグの存在。
黒レザーによって品良く引き締めることで、ミリタリーテイストに大人の品格や上品さが添えられています。

kanamura0001.jpg


BARBOUR <BLOUSON> ¥55,000+TAX
cartbutton.jpg
ROSSIGNOL <KNIT> ¥55,000+TAX
cartbutton.jpg
PT01 <PANTS> ¥34,000+TAX
cartbutton.jpg
FALIERO SARTI <STOLE> ¥48,000+TAX
CISEI <BAG> ¥138,000+TAX
cartbutton.jpg
EDWARD GREEN <NEW MARKET / SHOES>¥176,000+TAX
cartbutton.jpg



    

monthly0101.jpg

    

menoftheworld.jpg

menoftheworld0001.jpg


hiroshikanamura01001.jpg

「1年前から筋トレなど体作りをしており、"服も以前よりきれいに着られるようになってきたかな"と思っていたところだったので、撮影に参加でき、とても嬉しかったです。 丁寧にヘアメイクしてもらい、実際に雑誌などで活躍しているカメラマンに撮ってもらえるという、普段なかなかできない貴重な経験はもちろん、"プロ"の仕事を間近で見ることができて感動しました。 今回の撮影では、買ったばかりの靴を履きおろし。昔から好きだったモデルをついに手に入れたばかりだったので、それもあって、今回の撮影は大変印象に残るものになりました。 信國さんの気さくな人柄にも、ずいぶん助けられちゃいましたけどね」

taishinobukuni0010.jpg

「初めて見た時から素敵だと思っていたエドワード グリーンのフィッツウィリアムに合わせてコーディネイトを考えました。 その工程の中で、サイズやボリューム感の変化や現代的シルエットというものを改めて感じましたね。 やはり少しビッグシルエットなものが今っぽくて、気分的にしっくりくるというか......。 "その人らしさ"というのは、どう着崩しができるかということも重要になってきます。 今回で言うと、ドレスっぽい見た目の靴にあえてラフなアイテムを組み合わせているところが僕らしさ、かな」




monthlytitle2.jpg

eral550001.jpg eral55.jpg>


1:ミラノの人気セレクトショップ エラル55の洗いをかけたコットンジャケット。 数年前にストラスブルゴで販売していましたが、とある理由から約70着がイタリアの倉庫に残っていたことが発覚。 それを無駄にはせずに、より付加価値をつけた形で提案するべく、エラル55のオーナー自らがワッペンやピンバッジをイタリア国内で仕入れ、独自の感性でジャケットをリメイクしました。

ERAL55 <JACKET> 左から¥81,000+TAX ¥88,000+TAX ¥81,000+TAX ¥81,000+TAX
店舗にお問い合わせ下さい。



edwardgreenspecial.jpg edwardgreen0110.jpg


2: エドワード グリーンより2016年の春に誕生したラスト「915」。程よいロングノーズとサイドウォールが特徴的。 トゥは名作として名高いラスト「82」のラウンドトゥをベースに数ミリ長くし、そこへラスト「890」のサイドウォールを組み合わせ、プレーンなデザインがシェイプの美しさを際立たせます。

EDWARD GREEN 左からFITZWILLIAM ¥156,000+TAX cartbutton.jpg
AUDELY ¥163,000+TAX  cartbutton.jpg
GROSVENOR ¥163,000+TAX cartbutton.jpg
CURZON ¥163,000+TAX cartbutton.jpg

CONTACT US