CATEGORY

fb99f1b94d9fbf4068f5cbebab3fd5bef03843d1.jpg

T・MBH ~ファッション領域の革製品~


 今回は、ストラスブルゴが扱い続けている"革小物司"の岡本拓也氏が手掛けてきた、革小物という人目につかない革製品から、新たに提案するファッションの領域の革製品について、新たにオープンされたT・MBH高円寺サロンをご紹介します。


 知る人ぞ知る靴マニアでもあるT・MBH岡本拓也さん(以下:岡本さん)が新たに発表する~さぼう~は、靴が好きすぎて趣味の延長線上で理想系の靴をつくってみたかったとの思いから実現しました。

c61c4fdc42e474cef4431202c0dfc8b9db0fdbac.jpg
059c2a1e2e49c904f0578c1c661051a8e5363bcb.jpg


~さぼう~
(フランス語で蹄・ローファーには怠けるの意味があり両方の特性を掛け合わせたネーミング)

 今回の~さぼう~に関しては全て既製品での展開となり、岡本さん自身は靴マニアではあるが靴職人ではないため、また自身が認める靴職人に思う存分腕を振るってもらいたいという思いから靴職人とともに幾度となく試行錯誤を繰り返しました。そのため靴職人はもちろん、岡本さんの魂もこもった一足に仕上がっています。

3be4d11272d85e6e8816bbd9fb875201f5188e86.jpg

 こちらは、岡本さんが約2ヵ月手入れなしで履き続けた~さぼう~。手入れをさぼったのではなく、あえて手入れをせずにガシガシ履き続けました。なぜ手入れをせず履き続けているのか?その理由の一つがコンセプトにもなっています。
 岡本さんがEDWARD GREENのドーバーはいい靴だけれども、購入するのにもうひと押し欲しいと思いながら店舗スタッフに「EDWARD GREENのドーバーを履いてみたいんだけど、私を口説きおとしてください。」と伝えたそうです。
 その返答が「ドーバーを手入れせずにボロボロの状態で履いてみてください。僕はドーバーをボロボロの状態で履きこなしていた初老の方の姿がかっこよくてEDWARD GREENが好きになりました。」というエピソードを聞き、5分後にはドーバーをオーダーをしてしまったそうな。
 このような経緯もあり、高い靴だから・いい靴だから必ず磨きをしっかりしてピカピカの状態で履かないといけない、そればかりではないんだと気づかされ、~さぼう~ではシューキーパーもあえて付属せず、ありのままの状態での提案をしています。この履き方は~さぼう~のコンセプトの一つであり、岡本さんもおすすめしています。

92d90a0beadf5b31c5c9f94ed6c26d4c5f078ddd.jpg

9229d7bd133425246ca0d7b651b6b946380e51f6.jpg

 もちろん、履かれる方の好みもありますので、しっかり磨きをしてドレッシーに履くことも可能です。~さぼう~はドレスアップにも、カジュアルにも、磨きをさぼってもボロボロになっても履き続けられるよう、岡本さんの拘りがぎっしりつまっています。

 革は、アノネイ社のボカルを使用、ベルト部分にはヘンロン社製 ポロサスクロコダイル/ヌバック仕上げ、ベルト部分裏にはペリンガー社製ペッカリー、竹のペイスを打ち込んだハンドソーンウェルテッド製法、白樺のシャンクを使用し、スペードソール×ベベルドウエストのソール。アッパーを担当している職人が~さぼう~専用木型T101制作、右足ベルトにはT・MBHの唯一のデザイン18金ピンクゴールドの無垢が光り輝きます。

a76b4d5ea28bfd9ea0f31f165ad41305b7473d7b.jpg
7e7304445e7309e1fe89129b92a73384137454d6.jpg


70a24409292d14037f5937760ca6dd91c44ff3b5.jpg

 足入れの感覚は、岡本さんの通常サイズは8F、~さぼう~は7.5でぴったりだそうで、少し大きめのフィッティング、履き口を少し狭く設計し踵のホールドもしっかりしておりローファーの悩みどころの一つである踵の抜けやすさも解消の仕上がりです。
 また、今回ご紹介の~さぼう~は今後一切のモデルチェンジがありません。が、色としてブラックの追加はあります。T・MBHの代表作として、メイド イン ジャパンの代表作として、この靴を見たときに「この靴、さぼうでしょ」とわかるくらいに育てていきたいという思いから。ビスポーク靴の拘りに既成靴の掛け合わせ、注目の一足です。

サイズ:5/5.5/6.5/7/7.5/8/8.5/9/9.5
価格:250,000円+税

d35b75bcc751e915e3988ffd5302351dc5c061a8.jpg

~KOROM~ベルト
 ~さぼう~と一緒に合わせていただきたい、こちらも拘りのつまったベルトです。通常は、バックルの部分を先に作成し、後から革をつける工程ですが、こちらは岡本さんが、革をはめ込むことを前提にバックルの原型をつくっているため、ここまでフラットに仕上げることが可能なんです。バックル内のヌバッククロコの部分の素材替えも可能です。

5d8bbea6e884fa6a266fa4dd95a2f8723da7750a.jpg

 さらにはリバーシブル仕様により、コーディネートの幅を広げることができるのも嬉しいところです。

0d79fb1f4a5b5c74e40c61086912e27d54e7d0b9.jpg
f88c0b8effb91343fde9966bb6d90ba666fed932.jpg


 装着すると体にフィットするように作成され、すごく上品だけれども存在感がある仕上がりになっているのがよくわかります。この仕様のものは、バックル部分にボリュームが出てしまう形状がほとんどですが、T・MBHは違います。革の厚みを計算し、ひとつひとつ手作業で丁寧につくられている為、この厚みでの仕上げが可能になっています。

40c9b6b171ab731c9045e1699f9bd703f338171d.jpg

2603e88d108a30cc36819608785716572a15f7c6.jpg

~懐雛~
 "呼薫(コクーン)"=至高品、葉合わせ=実用品、その間をとった懐菱(ふところびし)~隠れた名品~の双璧版、懐雛(ふところびな)の展開。その名のイメージの通り懐菱は男性的な硬いイメージに対して懐雛は女性的な柔らかいイメージでつくられており、スナップボタンやマグネットなどはついていないが、ネーミングの通り懐に入れての使用を目的としている為、付属品はなくシンプルに。
価格40000円~

17e5c6544b77ca112bc8a4d453adf345cd5cf20d.jpg
306ef68b59784359180a08ce7619dc1fd7e03260.jpg


0a7a79259137a12ee9bd7f9810cb55cd579db574.jpg
cfe16560b7fd2138a5e852cc3f9bdb8b9c430914.jpg


~高円寺サロン~
 革が主役の"革セラー"となっているこちらの高円寺サロンはワインセラーのような空間で、T・MBHで唯一の革ストックが見られるサロンになっています。こちらのサロンは完全予約制で一人一人岡本さんが丁寧に対応し、このサロンの革管理をまかされている扇風機がお出迎え。まさに隠れ家といえるでしょう。


~トピックス~
【葉合わせシリーズがついにオーダー納期が1ヵ月】
 オーダーできる革の種類と色が多色多様にあった葉合わせシリーズですが、T・MBH葉合わせブランドイメージカラーのこげ茶×トープの内装に限り、期間一ヵ月でオーダーが可能です。もちろん、その他の配色もオーダーが可能でその場合は4ヵ月の日数を頂戴します。

~イベント~
T・MBH 革小物司 岡本拓也 POP UP/オーダーイベント
 革小物司・岡本拓也は、ステッチの太さやピッチ、コバの磨きや皮革の厚さ、触った感触までもデザインの一部と考え、すべての工程をハンドメイドで仕上げます。

日程・会場
10月3日(水)~9日(月) ストラスブルゴ名古屋店 | POP UPイベント
※10月3日(水)・4日(木) 名古屋店の2日間は岡本拓也氏が来店、直接対応いたします。
10月21日(土)・22日(日) ストラスブルゴ福岡店 | オーダー会
10月28日(土)・29日(日) ストラスブルゴ南青山店 | オーダー会
11月4日(土)・5日(日) ストラスブルゴ大阪店 | オーダー会
11月11日(土)・12日(日) ストラスブルゴ名古屋店 | オーダー会
11月18日(土)・19日(日) ストラスブルゴ銀座店 | オーダー会
11月23日(木・祝)・24日(金) ストラスブルゴミッドタウン店 | オーダー会
11月25日(土)・26日(日) ストラスブルゴ大丸神戸店 | オーダー会