CATEGORY

winter_outer_thumb.jpg


冬スタイルを格上げする傑作コート特集

英国トラッドの洗練が薫るタリアトーレのバルカラーコート

 英国の狩猟クラブで着用されたことが起源とされるガンクラブチェック、そして英国軍の司令官が考案したとされるラグランスリーブといったメンズ服の伝統的なディテールを、ややオーバーサイジングなシルエットで仕上げることでモダンな印象を放つタリアトーレのコート。保温性に優れたウール混の圧縮生地を使うことで保温性も◎。チェック柄にはホワイト、ブラウン、ネイビーといったベーシックカラーが使われているため、オンオフ問わず着まわしやすい点もメリットのひとつだ。

STAFF RECOMMEND
ストラスブルゴ 銀座店 店長 門石

 ラグランスリーブの動きやすさとガンクラブチェックの生地を使用した英国の雰囲気が漂う一着です。少しゆとりのあるシルエットは今年らしく着こなしていただけます。一見派手に見えるチェックも昔ながらの色合いですので、馴染みやすく、抵抗なく取り入れやすいと思います。


winter_outer_1.jpg

TAGLIATORE ガンクラブチェックステンカラーコート ¥113,400(inc.tax) / Cruciani ミドルゲージフロントクルーネックニット ¥55,080(inc.tax) / HERNO アウター ¥118,800(inc.tax) ストラスブルゴ 銀座店(03-3573-6190)にお問い合わせください(商品コード:120317233004) / AGNONA シルクダブルフェイスストール ¥19,440(inc.tax) / HERNO アウター ¥118,800(inc.tax) ストラスブルゴ 銀座店(03-3573-6190)にお問い合わせください(商品コード:120317233004) / EDWARD GREEN 【EDWARD GREEN銀座店限定カラー登場】DOVER/32E ¥192,240(inc.tax)


クラシコイタリアの重鎮"KITON(キートン)"が放つ、アウターブランド"KIRED(キーレッド)"のフーデッドコート

 キートンと言えばイタリアを代表する最高峰スーツブランド。そんなキートングループ傘下にて、アウターを専門に展開するブランド"キーレッド"のコートをピックアップ。ポリエステルベースならではの滑らかでハリ感のある表情を楽しめる上、ポリウレタンを混紡することで適度に伸縮性を持たせ、ストレスのない着心地を実現している。また、フード、中綿入りのライナーは着脱式でロングシーズン着用可能なのも嬉しい。全体をモノトーンでまとめればモード&スポーティーなメトロポリタンスタイルに。

STAFF RECOMMEND
ストラスブルゴ 銀座店 店長 門石

 インナーが取り外し可能で、インナー/アウターのみといった3WAY仕様の今季一押しアイテムです。一着で秋口〜冬〜春先の3シーズンの使用が可能な優れもの。また、表生地もレーザーカットでの裁断により、接着して作ることで強度と軽さをだしています。


winter_outer_2.jpg



1着で2度美味しいLARDINIのリバーシブルコート

 イタリアを代表する名門ファクトリーブランド「ラルディーニ」から待望の新作コートをピックアップ。こちらは「ネイビー&ライトグレー」のリバーシブル仕様。裏表をひっくり返して2WAYで着られるという意味でも、ラペルや裾がヒラリと裏返った際にさりげなくバイカラーをアピールできるという意味でも魅力的に仕上がっている。裏側にしたネイビーカラーをピックするようにボトムにネイビーを配置すれば洒脱な印象のスタイリングが完成。

STAFF RECOMMEND
ストラスブルゴ 銀座店 店長 門石

 ニットウェアも充実してきたLARDINIより、今季はダブルのリバーシブルコートが登場しました。軽く、柔らかいだけでなく、カジュアルになりすぎないよう、縫製も細かく仕上げられているので、技術の高さも感じられます。


winter_outer_3.jpg



ドレスアップスタイルに風格をプラス、ガブリエレ パジーニのダブルコート

 秋冬のビジネススタイルに風格を加えるなら英国クラシック要素を採用したコートを取り入れるのがおすすめ。ワイドラペル、チェンジポケット、ビルドアップショルダー、そして打ち込みのしっかりしたドライタッチな肌触りの生地感など、クラシカルで男性的な力強さを感じさせるガブリエレ パジーニのコートでスタイルを格上げしてみては?

STAFF RECOMMEND
ストラスブルゴ 銀座店 店長 門石

 打ち込みのしっかりしたキャバリーツイルのダブルのコートは、ドレスアップしてお召しいただくと綺麗にまとまります。ガブリエレらしくラペル幅も広めの設計で、構築的なつくりも魅力です。


winter_outer_4.jpg



洗練スポーツテイストをまとうヘルノのダウンブルゾン

 1948年にミラノの北に位置する町、レーザにて始動したヘルノといえばアウターウェアで人気を博すブランド。そんなヘルノから、希少なダウンとフェザーをミックスすることで軽量感と保温性を両立したダウンブルゾンをピックアップ。さりげなく光沢を放つ質感が、ラグジュアリーそして洗練された印象を演出。インナーにホワイトカットソーやライトグレーのインナーダウンを取り入れるなどスポーティーに装うのがおすすめ。

STAFF RECOMMEND
ストラスブルゴ 銀座店 店長 門石

 ヘルノのラミナーシリーズから、リバーシブル仕立ての機能性に優れた一着。また、マットな質感も落ち着いた印象でデニムやコットンパンツのオーソドックスな組み合わせから、スウェット等の素材も相性◎ 短めの着丈は見た目も重たくなり過ぎず使いやすいですよ。


winter_outer_5.jpg



遊び心あふれるLARDINIの名作コート"スポルヴェリーノ"

 ブルーとホワイトのネップ、太畝のリブによってこなれ感を演出したラルディーニの名作コート「スポルヴェリーノ」。オーソドックスなデザインベースにほどよく遊びのきいた生地を使用することで、スーツからカジュアルスタイルまで活用シーンは広い。ブルーのダンガリーシャツ、ネイビータイをあわせた上半身に対して、ボトムやシューズにはブラウンをチョイスしてメリハリ強めのアズーロ・エ・マローネでスタイリング。

STAFF RECOMMEND
ストラスブルゴ 銀座店 店長 門石

 定番スポルヴェリーノモデルでニットのような柔らかい生地にネップを施すという、LARDINIの遊び心があふれる一着。ベースカラーはネイビーで、カジュアルになりすぎない絶妙なバランスをキープしているため、オン・オフ兼用で着用可能です。


winter_outer_6.jpg



ソフトな着心地を実現したイレブンティーのウールメルトンコート

 暖かなウールメルトン生地で仕立てたイレブンティーのブラックコート。角度をつけた上襟とラペルがほどよく主張し、顔周りに目線を集めてスタイルアップ。スリムなシルエットをベースにショートレングスで仕上げられているため、インナーにブラウンのクルーネックニットを取り入れるなど、モダンにそしてスマートに着こなすのがおすすめだ。

STAFF RECOMMEND
ストラスブルゴ 銀座店 店長 門石

 イレブンティーといえばジャージー系の生地を得意としており、こちらはタイトシルエットに軽さと着やすさをプラスした一着。生地の特性上ストレッチがよくきいているので、着用のままの車の乗り降りも非常に楽にできる一着です。デザインについてもシンプルなので飽きることなく使えます。


winter_outer_7.jpg