STORE

Norio Surikabe株式会社サポートサーフェス代表 デザイナー

研壁宣男

TITLEググってみた道−4 ミラノホームステイ

2016.02.23

つづくと書いておきながら、随分ご無沙汰しておりました。
書き綴るという作業が体に染み付いておらず、思い感じたことを放置してしまっている感じです。
一旦頭の中でクリエーションのモードが視覚にシフトされると、どうも倫理的に文章で組み立てる作業へのギアチェンジが困難になってしまうみたい。


グーグルアースで、思い出深い過去に辿ってきた道のりを覗いてみるということで、前回はペルージャの語学大学の短期集中コースのところでした。


約3ヶ月の集中講義を終えた後、ミラノに戻って、念願のロメオの会社で働けるようになったわけですが、生活の基盤となる住む場所がありません。所持金も底を突きつつあり、精神的にも非常に心細く落ち着かない時期だったわけですが、会社からほど近い一泊2500円位のユースホステル並みの一つ星の安宿を見つけしばらくの間そこから会社に通っていました。売春宿?怪しげなホテルだと同僚から言われるくらいのところでしたが、自分自身が充分怪しかったと思われるのでまあいいかなと。

仕事をはじめて3ヶ月ほど経ち、そろそろ安宿から出たいと思っていた所、メキシコ人の同僚が住んでいたホームステイ先のファミリーの部屋の空きが出たということで紹介を受け、そこにお世話になることになりました。
事故で旦那さんを亡くしたお母さんと、三人兄妹のファミリーでしたが、二人の息子さんが結婚したため空いた部屋の一つを僕が借りることにしました。

大きなアパルタメント。4LDKで、そのうち3つの部屋にはバス、トイレがついていました。200平米以上はあったっけか。

IMG_2471.jpg

僕が借りることになった部屋にもバス、トイレがあり、日本でいうと12畳位の充分な広さのものでした。
その上、食事付き(毎日いわゆるフルコースでとても美味しかった!)でしたから、約2年間のホームステイはイタリア食文化を知る上でもとてもいい経験でした。

ここで

イタリア滞在中に気がついた日本と違う食の周辺事情

- 食事には真っ白いコットンツイルのテーブルクロスが敷かれること。(例外的なファミリーをみたことがない)とてもエレガント。
- ワイン通がほぼいない(食事中ワインのうんちくを聞いたことがない)
- カプチーノは朝だけ。(今では僕の常識)
- マヨネーズ、ケチャップ、サラダドレッシングはまず無いと思ったほうがいい。(これも今では僕の常識)


2年後、会社の分裂事件で進路に迷った自分は日本に一時帰国を決めました。帰国したのは真夏の猛暑の成田。あまりの暑さに、成田に着いた途端ムリムリと、再渡伊を決意したわけです。


すぐつづく(と思います)

研壁宣男
<< 2016.02 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

RECENT POST