STORE

Norio Surikabe株式会社サポートサーフェス代表 デザイナー

研壁宣男

TITLE職出し

2017.08.07

残暑厳しい日が続きます。
いかがお過ごしでしょうか?
FullSizeRender 2.jpg

僕らはというと例年この時期は、新コレクションの職出し(サンプルを工場に依頼すること。)と、秋冬物の生産のデリバリーのタイミングが重なり、何かとバタバタしています。

よくショーの前に「今一番忙しい時期じゃないんですか?」と質問されることが多いのですが、実は職出しの時(今)が一番集中力が必要で忙しい時期なのです。

以前はベースパターン、工業パターン、縫製指示書も自分で書いていましたが、スタッフの成長もあり、工業パターン、縫製指示書は彼らにやらせています。

ただ全型の生地の当て込み、縫製仕様の決定は細かいところまで指示します。使用する生地も特殊な生地が多くなり、型によって当て込んだ生地に最も適した縫製仕様を考え出し、見い出さねばいけません"ロックして縫い割り"なんてほとんどないのです。

縫製する工場側の立場になってみると、非効率的で(それは結果的に工賃にも関係してくることです)手間、時間、注意が必要になってくるはずです。冷静に見てみると随分面倒な仕様が多い。工場さんからは「ここをこうしたらもっと合理的にきれいにできますよ」というアドヴァイスはいただきますが「もう少し簡単にしてください」なんて声を聞いたことがありません。とてもありがたいことです。そんな素晴らしい工場さんに支えられています。

ブランドの責任は、手間がかかっても自分たちが一番いいと思ったものを届けること。

僕は元来比較的合理的に物事を進めたい人間でした。イタリアにいた頃ですが、担当するコレクションの規模が大きくなるにつれやや合理性を追求するよう傾向にあったように思います。コレクションはある意味全体像で作りますが、全体像には満足しても、コレクションを構成する服一点一点の個性が何か物足りないモノに感じるようになったのです。商品は着る人との個の問題であり、個の集まりがコレクションということに気付いたわけです。

デザインは多くの制限の中での作業です。いろいろなところで合理性は必要ですが、クリエーションに合理性は考えてはいけないですね。
というわけで、新作期待しててください。発表は9月12日。

研壁宣男
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RECENT POST