STORE

Norio Surikabe株式会社サポートサーフェス代表 デザイナー

研壁宣男

TITLEsupport surface Spring & Summer 2018 Collection

2017.09.20

余白を充たし、余白を創る



先日12日、年に2回行うショー形式の新作発表をしました。

僕は、コレクション製作の前段階でテーマを掲げません。

テーマを掲げてしまうとテーマに縛られてしまうからです。

又製作過程でデザイン画を描きません。

デザイン画に頼ってしまいそれ以外の可能性を排除してしまうからです。

常に手を動かし頭と連動させることによって、想定外のアイディアとの出会いを待ちます。


今回掲げたキーワードは

〈余白を充たし、余白を創る〉

季節を感じさせる軽快な布の表情と色合い

所作を柔かに演出する"気配"の布使い

余白を充たし、豊かさと新しさを

余白を創り、知性と色気を

_MG_5493.jpg
デザインするということは新しい調和を創ることだと思っています。

想像の目前に真っ白なキャンパスがあるとすると、それは人。

キャンパスの余白を充たし、豊かさと新しさを それはプラスのデザインの力

又、人の心が揺れ動く余白を創ることは

その人の知性を垣間見せ、色気を演出する、マイナスのデザインの力

そんなデザインバランスを考えながら創り上げたコレクションです。


ショーの様子はこちらでご覧いただけます。
https://vimeo.com/23433578

来春みなさまに着て頂ける新作がたくさんあることを祈っています。

photograph by Hideaki Sakurai

研壁宣男
<< 2017.09 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RECENT POST