STORE

Norio Surikabe株式会社サポートサーフェス代表 デザイナー

研壁宣男

TITLEnatale

  

2017.12.26

ひさしぶりの投稿になりました。
昨日のクリスマスはいかがお過ごしになりましたか?
僕は例年通りというか、非常にフラットな日常と変わらないクリスマスでした。
この時期、海外用サンプルの職だし(工場にサンプル依頼をすることです)のため、とてもバタバタしていて、慌ただしくしているだけです。
基本、キリスト教の信者ではないので、このクリスマスにピンとこないのは、物心ついてから変わっていません。親は私の誕生日とクリスマスの日程が比較的近いので、クリスマスにはケーキもプレセントもいらないでしょ?という雰囲気を醸し出していましたし...。

イタリアにいた時も同じく周りのテンションについていけない冷めた自分がいましたが、イタリアでは《一人でいるのは寂しいでしょ》という感覚と、優しいオスピタリティーがすごく、毎年、多くの友達のファミリーのクリスマスディナーに招待してもらいました。《一人=寂しい》とは限らないんですが...嬉しい思い出です。
イタリアでは日本でメインに売られているようなフレッシュケーキを見たことがありません。クリスマスの定番はpanettone。
https://ja.wikipedia.org/wiki/パネットーネ

イタリアで働き始めた時初めて迎えたクリスマス。アトリエの個人個人のテーブルの上には、スプマンテと、大きなパネットーネ。そしてボスのロメオからのメッセージと写真集の贈り物。
感動しました。素敵だな〜と。自分がボスになったら絶対真似しようと...。
というわけで会社を起こしてから毎年クリスマスには、全社員に、同じようにスプマンテとパネットーネをプレゼントするようにしています。

IMG_3594.JPG
ロメオからもらった写真集とメッセージカード 1991年だったと思います。


さて今年のクリスマスには、知り合いからシュトーレンを頂き、社員でご馳走になりました。日本では写真等で良く見かけるドイツのクリスマスのお菓子らしいですが、イタリアでは見たこともなく、人生初シュトーレン。
スパークリングワインと相性バッチリで美味しかった〜。
ここ2年で人生初の食べもの2つ。一つ目はキッシュ。そして今回のシュトーレン。さて次は...。(差し入れを期待しているわけではありませんよ)

IMG_3589.jpg
食べ終わった図。酔いが回り仕事は早々に切り上げました。