Just In Case

The Role of Fashion vol.2


ファッションとは何のためにあるのでしょうか。
かつて、ある雑誌のインタビューでそんな質問をされたことがあり、「女性が美しくあることはマナーだと思います」とお答えしたことがありました。

一流レストランでは、日常を忘れさせてくれるような、華やかなマダムと、決め込んだ素敵なムッシュ。

だから女性にとって、ファッションにこだわり、美しくあるということは「マナー」だと思うのです。

しかし2020年、世界が大きく変わりました。
このThe Role of Fashionの第2回目がアップされるころには、もしかすると外出自粛もやや緩やかになっているかもしれません。
でも、しばらくは人が大勢集まる楽しいパーティーはもちろん、外出自体も以前より少なくなってしまうでしょう。

「マナー」としてのファッションの登場機会が少なくなり、その分テレワークをはじめ自宅で過ごす時間が多くなります。
そんな新しいライフスタイルの中で、ファッションはどうあるべきなのでしょうか。

答えはひとつではありませんが、私は「今日という1日を大切に生きる」ためのマインドセットだと思うのです。
朝起きて、お昼が来て、夜になる。それらは全てかけがえのない一瞬の積み重ね。
だから、その時の季節や風の匂い、今日聞きたい音楽を感じて、今の自分の気持ちに寄り添うお洋服を選びたい。
そして、できればこんな時だからこそ「質のいいもの」を選びたい。

質のいいものは着心地が良く、心を豊かにしてくれます。
発色やデザインの良いものは、自分を大切にする心を思い出させてくれます。
お気に入りのジュエリーには、自分の心そのものが宿っている気がします。

だからファッションとは、今日という1日を大切に生きるための作法、人生のマナーだと思うのです。

さて、今日ご紹介するのは、5つの "Fruits Color"(フルーツカラー)です。

洋服選びに迷うとどうしてもモノトーンになりがちですが、色を着ると気持ちも明るくなります。

色そのものにテーマ性があるので、インスピレーションも湧いてきますよね!


左は爽やかなレモンイエローのリブニット。ストラスブルゴで、もはや定番となったシルク素材のニットです。
あえてテンションが緩めのリブになっているので、体のラインを拾いすぎないところも人気の秘密。
レモンイエローは幸せや健康をイメージさせるハッピーなカラー。コーディネイトはパリシックを思わせるドットのスカーフを合わせて。

右はジューシーなキウイカラー。半袖ニットは今の時期とても便利です。
首のつまり具合が綺麗でウエスト周りにアクセントがあるので、ジュエリーなしでも決まりますね。


ストロベリーレッドのドレスはリネン素材。天然繊維のリネンは風通しが良く吸水性に優れ、丈夫でしっかりしているので初夏から夏にかけて重宝しますね。
リネンは特有の"いいシワ"を楽しんでいただきたいので、特に質のいいものをおすすめします。

そして右は自由で知的な印象を感じさせる柿色です。
ブラックと合わせるとカジュアルになり過ぎず、クールで大人っぽくなります。肩に入ったギャザーが首回りのアクセントになっていて、リラックスしているのにワザありなカットソー。ブラックコードのネックレスがボトムのブラックとつながって全体を引き締めます。


さて、最後はブラッドオレンジカラーのニットドレスです。
一枚で着てももちろん綺麗なのですが、ロングスカートに合わせてみるのもおすすめ。
首元のフリンジデザインがトライバルな印象を導き、夏に向けて活躍してくれそうです。
少しワイルドな印象を引き立てるのに、フープピアスを合わせても良さそうです。



【 Fruit Color #1 Lemon 】

Fruit Color 1

象徴:幸せ・健康
TOPS:STRASBURGO
SCARF:LA PRESTIC OUISTON

まずは爽やかなレモンイエローのリブニット。ストラスブルゴで、もはや定番となったシルク素材のニットです。
あえてテンションが緩めのリブになっているので、体のラインを拾いすぎないところも人気の秘密。
レモンイエローは幸せや健康をイメージさせるハッピーなカラー。コーディネイトはパリシックを思わせるドットのスカーフを合わせて。


【 Fruit Color #2 Kiwi 】

Fruit Color 2

象徴:バランス・平和
TOPS:CRUCIANI
SKIRT:STRASBURGO

次ははジューシーなキウイカラー。半袖ニットは今の時期とても便利です。
首のつまり具合が綺麗でウエスト周りにアクセントがあるので、ジュエリーなしでも決まりますね。


【 Fruit Color #3 Strawberry 】

Fruit Color 3

象徴:生命・情熱
DRESS:STRASBURGO
JEWELRY:LULU FROST

ストロベリーレッドのドレスはリネン素材。天然繊維のリネンは風通しが良く吸水性に優れ、丈夫でしっかりしているので初夏から夏にかけて重宝しますね。
リネンは特有の"いいシワ"を楽しんでいただきたいので、特に質のいいものをおすすめします。


【 Fruit Color #4 Persimmon 】

Fruit Color 4

象徴:自由・知恵
TOPS:STRASBURGO
JEWELRY:SOPHIE BUHAI

そして自由で知的な印象を感じさせる柿色です。
ブラックと合わせるとカジュアルになり過ぎず、クールで大人っぽくなります。肩に入ったギャザーが首回りのアクセントになっていて、リラックスしているのにワザありなカットソー。ブラックコードのネックレスがボトムのブラックとつながって全体を引き締めます。


【 Fruit Color #5 Orange 】

Fruit Color 5

象徴:暖かさ、開放感
DRESS: RUCIANI
BELT:MAISON BOINET

さて、最後はブラッドオレンジカラーのニットドレスです。
一枚で着てももちろん綺麗なのですが、ロングスカートに合わせてみるのもおすすめ。
首元のフリンジデザインがトライバルな印象を導き、夏に向けて活躍してくれそうです。
少しワイルドな印象を引き立てるのに、フープピアスを合わせても良さそうです。


先日のフラワーカラーに続き、今回もお顔まわりを明るく演出してくれるフルーツカラーをお届けしました。

次回は華やいで見える"あえての"モノトーンコーディネイトをご紹介しますのでお楽しみに。
もし、こんなのがあったらいいなというご要望がありましたら、メールやインスタグラムへのメッセージでぜひご連絡ください!

メールアドレス:info@strasburgo.jp
STRASBURGO WOMENS Instagram @strasburgowomens

植原 ほの Hono Uehara
リデアカンパニー執行役員
ウィメンズエグゼクティブスーパーバイザー/ストラスブルゴ銀座店店長
ストラスブルゴの商品を世界中のコレクションや展示会からバイイング、そして来日したデザイナーとの商談やシーズンディレクションまでをおこなう傍ら、現在はストラスブルゴ銀座店の店長もつとめている。店頭にてお客さまとお話し、洋服を通じてハッピーの連鎖を生むことが何よりも楽しいと語る、生粋のストラスブルゴウーマン。

植原 ほの Hono Uehara

リデアカンパニー執行役員
ウィメンズエグゼクティブスーパーバイザー/ストラスブルゴ銀座店店長

ストラスブルゴの商品を世界中のコレクションや展示会からバイイング、そして来日したデザイナーとの商談やシーズンディレクションまでをおこなう傍ら、現在はストラスブルゴ銀座店の店長もつとめている。店頭にてお客さまとお話し、洋服を通じてハッピーの連鎖を生むことが何よりも楽しいと語る、生粋のストラスブルゴウーマン。