Just In Case

Solutions and Tips! Vol.4


ファッションのショートダイアログ、Just In Case。

ファッションが着る人の自己表現であり、毎日を彩るアート活動のようなものだとしたら、そのファッションを楽しむ素敵な人が毎日帰り着き、どこよりもリラックスして過ごすことできる部屋にはどんなこだわりがあるのだろう......。そんな興味が湧いてきます。

インテリアにおいて日本ではどちらかというと無駄を省き、すっきりとしたものを好む傾向にあると思います。
私もミニマルな日本文化にとても落ち着きを感じますが、時々寂しさを感じたりすることはありませんか。

その一方でヨーロッパのモダンなインテリアには装飾と遊びがあり、あたたかみと色気を感じさせます。
例えば、ミラノの中心、Gesu通りにあるFOUR SEASONS HOTELへ初めて訪れた時に見たロビーのしつらえ。
パリのHoche通りにあるHOTEL RAFFLES PARISのバー、パリ16区にできたHOTEL BRACHのレストランなど。

 

HOTEL BRACH 1
HOTEL BRACH 2
HOTEL BRACH 3

 

そして2016年、ストラスブルゴが銀座にオープンするとき、そんなヨーロッパをはじめ世界中からたくさんのアートプロダクトを集め、「宝探しをしているような、感性が刺激される楽しい空間を」というコンセプトのもとで店内を装飾しました。

ストラスブルゴ銀座 ストア画像1
ストラスブルゴ銀座 ストア画像1
ストラスブルゴ銀座 ストア画像2

 

紹介するのはほんの一部ですが、ブリキや鉄でできたフクロウがモチーフのオブジェや、美術館も収蔵するCHEMEX社製の50年代のガラスカラフェ、なんとも色気のある石像に、日本製のマザーオブパールでできた大判のトレイ。
また、ダイヤ柄が美しいガラス製のボウルにミッドセンチュリーの土器や60年代のグラスセット。
芸術家の空充秋氏が手がけたリトグラフ、50年代のフラワーベース、クラゲやプードルをモチーフにしたユニークなオブジェ、コレクターも多い70年代のMIKASAグラスにKOSTA BODA社製のピンクの花瓶、シルエットが美しい3つの赤いガラス器......。

PROPS 画像

 

年代も作家もテイストも様々なものが「キュレーション」されることによって全く美しい調和と新しい物語を生み出します。

 

ストラスブルゴ銀座 ストア画像3
ストラスブルゴ銀座 ストア画像3
ストラスブルゴ銀座 ストア画像4

 

ストラスブルゴでは世界中から集めてきたこれらのオブジェを、飾るだけでなく販売もしています。
オブジェたちがここにとどまらず、自由に旅を続け新しい物語を作っていくことを願いながら。

その出会いをつくるのは、ほかならぬ選ぶ人そのひとです。

毎日の空間に、ぜひ新しい発見を。

もし、こんなのがあったらいいなというご要望がありましたら、メールやインスタグラムへのメッセージでぜひご連絡ください!

メールアドレス:info@strasburgo.jp
STRASBURGO WOMENS Instagram @strasburgo_womens_official

植原 ほの Hono Uehara
リデアカンパニー執行役員
ウィメンズエグゼクティブスーパーバイザー/ストラスブルゴ銀座店店長
ストラスブルゴの商品を世界中のコレクションや展示会からバイイング、そして来日したデザイナーとの商談やシーズンディレクションまでをおこなう傍ら、現在はストラスブルゴ銀座店の店長もつとめている。店頭にてお客さまとお話し、洋服を通じてハッピーの連鎖を生むことが何よりも楽しいと語る、生粋のストラスブルゴウーマン。

植原 ほの Hono Uehara

リデアカンパニー執行役員
ウィメンズエグゼクティブスーパーバイザー/ストラスブルゴ銀座店店長

ストラスブルゴの商品を世界中のコレクションや展示会からバイイング、そして来日したデザイナーとの商談やシーズンディレクションまでをおこなう傍ら、現在はストラスブルゴ銀座店の店長もつとめている。店頭にてお客さまとお話し、洋服を通じてハッピーの連鎖を生むことが何よりも楽しいと語る、生粋のストラスブルゴウーマン。