just in case......ファッションのインスピレーション

大切なその日のためのアイディア集。さまざまな人と出会い、さまざまなことを知り、さまざまな出来事を体験する毎日。

18ss_justincase_0622.jpg


街にはたくさんのヒントが溢れています。
建築、写真集、植物、音楽、映画、、、そして、街そのものが刺激そのもの。
見慣れた毎日の中にも、今日の自分に話しかけてくる何かがあるはず。そんな探し物からファッションを考えてみるのも楽しい。

ジュエリーデザイナーやバックデザイナー、靴デザイナーなど、ファッションにまつわる小物のデザイナーには、建築を勉強して、デザイナーに転身した人は、少なくありません。

そういえば、最近も傘のイラストを描いてくれた、メレディス ウィングが、まさに建築学科でした。

ところで、わたしの全くの持論ですが、建築は、美しさを追求する様々な表現方法がありますが、まさに、美学の原点ではないかと思っています。様々な制約の中に、美しい空間を作る仕事。その様々な制約の中で、原点は、重力。とりわけ、成長を続けてきた人間の歴史とともに、目新しいものを作ろうとする野望のある建築家にとって、重力のバランスをとりながら、かつ、半永久的に、どんな自然現象にも耐え、安全で、しかも美しい。まさに究極の美しさ。

だから、建築や空間は、とても身近で優れた美学の教科書。

ちょうど、銀座店で周りを見渡していたら、手元に、心にひっかかる本があり、パラパラとめくっていたら、インテリアを撮影した写真なのに、なぜか、ひとつのグラフィックアートのような、不思議な感覚。建築やインテリアという大きなスケールを、着てしまうって、もしかしたら、面白い化学反応が起きるかも?そんな実験が、今日という日を特別な日に変えてくれたりするかもしれません。

BAPE STORE TOKYO

18ss_justincase_0622_01

TOKYO CURRY LAB

18ss_justincase_0622_02

THE ICE CREAM STORE TOKYO

18ss_justincase_0622_03



銀座のストラスブルゴは、片山正通さんにインテリアをデザインしていただきました。
この写真集を見て、改めて考えてみると、片山さんの空間には、モノガタリがあるような気がします。
モノが入って、人が入ると、不思議とモノガタリが始まり出す。空間を移動するごとに、語りかけてくる、舞台のようなワクワクがあります。

今日も、心にひっかかる何かを探して、ファッションで遊んでみるのはいかが。

RECOMMENDED