LARDINIのチャリティーTシャツプロジェクト

日本でも9月13日(金)から始動です!

top

もはやイタリアを代表するブランドのひとつと言っても過言ではない「ラルディーニ」。ブランドとしての責任を果たし、社会に貢献を果たすべく、チャリティーTシャツを発売します。

ラルディーニ ファミリーの一人であり、現在ラルディーニ社のデジタル部門で働くClio Moretti Lardini(クリオ・モレッティ・ラルディーニ)さんの強い思いにより立ち上げられたこのプロジェクトは、視覚や聴覚が不自由な方々の支援とリハビリテーションを行う非営利団体「Lega del Filo d'Oro(レーガ・デル・フィロ・ドーロ)」(www.legadelfilodoro.it)の活動をサポートするためのもの。彼女自身も生まれつき聴覚が不自由ですが、幼少期からこの団体の支援を受け訓練を重ねた結果、現在では積極的に社会とかかわり働けるようになったそうです。

人物

今回のプロジェクトの発起人であり、ラルディーニ社のデジタル部門で働く
クリオ・モレッティ・ラルディーニ氏。


その感謝の気持ちと、彼女と同じ境遇にある人たちが少しでも多くの支援を受けられるようにという思いから、今回のチャリティーTシャツプロジェクトを立ち上げることになったそうです。このチャリティーTシャツの販売による収益は、ラルディーニのイタリア本社を通じて、非営利団体 レーガ・デル・フィロ・ドーロ各拠点で職業訓練を実施する「Laboratorio del Filato(ラボラトリオ・デル・フィラト)」へ寄付されます。

Tシャツ

実はこのプロジェクト、2019年の春夏シーズンはイタリア・ミラノの店舗限定で展開されていました。しかしながら、より多くの人たちにもご協力いただきたいという思いから、2019年6月にフィレンツェで開催された『PITTI IMMAGINE UOMO』のメイン会場内に特別ブースが設置され販売、そして日本でも9月13日(金)から展開されることになりました。ちなみに、今回のTシャツのパッケージが段ボール素材なのですが、PITTI IMMAGINE UOMOの会場内に設置されたこの特設ブース、おなじ段ボール素材を使用して作られています。壁面にはブランドアイコンのブートニエールがあしらわれ、Tシャツのストックとしても活躍するという凝ったデザインでした。

ブース

PITTI UOMOの会場に登場したチャリティーTシャツの特設ブース。素材はTシャツのパッケージと同じく段ボールを使用。ブランドアイコンのブートニエール型のストック棚が印象的。


さて、本題のTシャツですが、表面には8人の子供たちが描かれています。このデザインは、ラルディーニ ファミリーの第二世代8名の幼少期と、レーガ・デル・フィロ・ドーロの活動を通じて自分の目標に向かってひたむきに生きる子供たちの姿を重ね合わせ、シンボリックに表現したデザインとのこと。また、袖にはブランドアイコンのブートニエールが、背面の襟足部分にはレーガ・デル・フィロ・ドーロとラルディーニのダブルロゴも。9月13日(金)からストラスブルゴ各店(一部店舗除く)とラルディーニ 東京店ほかで発売されますので、ぜひTシャツを買って、ラルディーニのチャリティープロジェクトへご参加ください。

Tシャツ並びTシャツ並び_2

《ラルディーニ》チャリティーTシャツ 価格:5,500円(税抜)
サイズ展開:S、M、L、XLの4サイズ展開


<取扱店舗>
 ラルディーニ 東京店 (※ラルディーニ 阪急メンズ東京での取り扱いはございません)
 ストラスブルゴ 銀座店、南青山店、東京ミッドタウン店、ライフスタイルストア二子玉川店、名古屋店、京都店、大阪店、神戸店、福岡店(※ストラスブルゴ 阪急メンズ大阪店およびストラスブルゴのECサイトでの取り扱いはございません)
 そのほか、ジェイアール京都伊勢丹、ROOTWEB(広島)など

RECOMMENDED