繊細で品位あるビスポークシューズPHILIPPE ATIENZA

有名シューズブランドのジョン ロブとマサロで長年デザインやパターン、カスタムメイドなどを担当し、その後自身の名を冠したブランドを立ち上げたフィリップ・アティエンザ氏。リデアカンパニー代表取締役、田島 淳滋が語るフィリップ アティエンザとの出会いをご紹介します。

18aw_journal_philippe_main.jpg

それはまるで昨日の事のように覚えています。
2005年ごろ、パリでオートクチュールのウィメンズシューズを作るアトリエがあると友人から教えてもらいました。それが、あのフランスの名門シューズブランド、MASSARO(マサロ)でした。

あらかじめアポイントはとってはいたのですが、それでも恐るおそる重厚な扉のベルを鳴らし、、自己紹介をして、中に入れてもらったことを思い出します。
しばらくして、小柄で温厚な雰囲気のマサロ氏が白衣を着てあらわれました。彼は20年近く某有名のオートクチュールシューズを作っていること、社交界のセレブの特別なシューズを作っていることを知りました。
そしていつの日か、ストラスブルゴ ウィメンズのために来日してトランクショーをやってもらうことを夢みたのです。

それからパリに行くたびに彼の元を訪問して様々な話を聞き、チャンスを狙っていました。とてつもなく飛行機嫌いというのが後に分かったのですが、諦めることなく口説き続け、やっと日本行きをオーケーしてくれたのです。しかし当時、彼はすでに高齢でしたし、これ以上の激務は無理とのことで、しばらくして彼の引退が決まりました。

そして、その後継者がフィリップ・アティエンザ氏だったのです。

18aw_journal_phillipe_6.jpg

フィリップ・アティエンザ氏

フィリップ・アティエンザ氏は16歳で職業訓練生として靴職人としての道へ進み、その後、ジョン ロブ社では、デザイナーやパタンナー、またカスタムメイドの職人として合計21年間働き、マスタービスポークメーカーとして実力を発揮していました。当時、彼の名は靴好きなら、誰もが知っている有名人でした。

そんな彼がマサロに移り、婦人靴、それもオートクチュールに挑戦するというのです。しかし、私はすぐにメンズラインを提案して、彼とメンズのビスポークシューズをスタートしました。そして、期待通り、素晴らしい出来栄えの"靴"を作り上げげました。

マサロ社で在籍した9年間の間に、彼はレディ・ガガの別注シューズやアラブの皇帝達からの注文にも応じ、立派にその役目を果たし終え、独立し、2016年に自身でビスポークシューズのブランド、フィリップ アティエンザを立ち上げたのです。

過去にMeilleur Ouvrier de France(国家最優秀職人賞)というフランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい高度な技術を持つ職人に授与される賞を受賞した経験を持つフィリップ氏。

今では年に2回来日をしてもらい、ストラスブルゴにてオーダー会を開催するようになりました。見た目の美しさだけではなく、お客さま一人ひとりの足に合った、履き心地の良い靴を作ることができる職人は業界の中に決して多くはいません。その繊細で品位のあるビスポークシューズを、今も日本のお客さまにお届けしています。

18aw_journal_phillipe_28.jpg

ATELIER IN PARIS

2016年に完成したフィリップ・アティエンザ氏のアトリエ兼事務所は、フランス・パリにあるViaduc des Arts(芸術の高架橋)にあります。19世紀半ばにまだここに鉄道が走っていた頃、多くの職人がアトリエを構えていました。現在でも当時の姿のままを残す赤レンガ造りの高架下は、昔ながらの雰囲気を保ちつつ、今もありとあらゆる分野で世界トップクラスの技術を持つ職人達のアトリエが立ち並んでいます。ちなみに、ストラスブルゴで馴染みの深い、フランスのレザークラフツマン、セルジュ・アモルソ氏もここに自身のアトリエを構えています。

そんなフィリップ氏のアトリエの様子を紹介します。

18aw_journal_phillipe_30.jpg

昔な雰囲気が残る、天井の高い高架下のアトリエ


18aw_journal_phillipe_24.jpg

お客さまの足の木型(ラスト)が保管された作業部屋


18aw_journal_phillipe_27.jpg

ラストを機械で削り、微調整を行う様子

18aw_journal_phillipe_9.jpg

様々な生地や道具が置かれているワーキングスペース


18aw_journal_phillipe_8.jpg

カッティングを終えたシューズのアッパーの糊付けを行う様子


18aw_journal_phillipe_11.jpg18aw_journal_phillipe_12.jpg



革専門の特殊ミシンを使用し、アッパーの生地を縫い付けていきます。


18aw_journal_phillipe_13.jpg
18aw_journal_phillipe_14.jpg18aw_journal_phillipe_16.jpg



一つひとつ手作業で丁寧に糊付けを行います。


18aw_journal_phillipe_17.jpg

アトリエ内に飾られているのは、フィリップ氏の趣味でもあるアンティークの道具など


18aw_journal_phillipe_18.jpg
18aw_journal_phillipe_19.jpg
18aw_journal_phillipe_20.jpg
18aw_journal_phillipe_21.jpg18aw_journal_phillipe_22.jpg



ゴールドカラーでシューズにブランド名をマーキング


18aw_journal_phillipe_23.jpg

徐々に靴らしい形になっていく様子


18aw_journal_phillipe_25.jpg

完成したアッパーをラストにかぶせ、靴の型に成型していく釣り込み作業


18aw_journal_phillipe_26.jpg

シューズのサンプルが飾ってあるアトリエ内


OTHER ITEMS


ストラスブルゴでは、フィリップ アティエンザの氏のシューズ以外に、革小物も取り扱っております。コインケースやキーホルダーはオンラインストアでもご購入いただけます。

18aw_journal_phillipe_1.jpg


18aw_journal_phillipe_2.jpg


18aw_journal_phillipe_3.jpg


18aw_journal_phillipe_4.jpg


18aw_journal_phillipe_5.jpg

SHOP EVENT


11月30日(金)~12月3日(月)の間、フィリップ・アティエンザ氏がフランス・パリより来日し、シューズのカスタムメイドイベントを開催します。見た目の美しさと履き心地の良さを兼ね備えた自分だけの一足を、この機会にぜひオーダーしてみてはいかがでしょうか。


イベント情報はこちら

18aw_journal_phillipe_7.jpg

RECOMMENDED