ナポリでその名を轟かせるSartoria Pirozziの魅力に迫る

クラシコイタリアを語る上で欠かすことのできない、多くのサルトが集まる街、ナポリでその名を轟かせるSartoria Pirozzi(サルトリア ピロッツィ)氏。2018年5月、ナポリに構える工房を取材した際の様子と、創業者ヌンツィオ・ピロッツィ氏が語る仕立て服に対する熱い想いを収めた動画をご紹介します。

18aw_journal_pirozzi_main.jpg


数多くのサルトが腕を競い合う仕立て服の街ナポリでマエストロと呼ばれるようになって久しい、Nunzio Pirozzi(ヌンツィオ・ピロッツィ)氏。今年で80歳となる彼は、ナポリから約50キロ離れたカンパニア州・サレルノで育ちました。10歳の頃から学校の帰り道の仕立て屋に通い、基礎を学びました。その後、ある有名なマエストロの元で修業を重ねてナポリ仕立ての真髄を学び、1964年に自身の工房を構えました。

現在は、幼いころからヌンツィオ氏自身が手ほどきをし、またキートンでも経験を積んだ、長男であるドメニコ・ピロッツィ氏と共にナポリの港街、メルジェリーナの工房で働いています。

18aw_journal_pirozzi_23.jpg

ヌンツィオ・ピロッツィ氏とドメニコ・ピロッツィ氏

2018年5月、ナポリの工房にてヌンツィオ・ピロッツィ氏に、お話を伺いました。自身の生い立ちから、仕立て服にかける情熱まで、彼のメッセージ詰まった動画もぜひご覧ください。



18aw_journal_pirozzi_1.jpg

工房のバルコニーから望む港街の風景


18aw_journal_pirozzi_2.jpg

工房入口に飾られたネームプレート


18aw_journal_pirozzi_3.jpg

建物の歴史を物語る、旧式のエレベーター


18aw_journal_pirozzi_4.jpg

工房の入口スペースに並べられたトルソ―や古いミシン


18aw_journal_pirozzi_7.jpg

生地にアイロンをかけるヌンツィオ氏


18aw_journal_pirozzi_6.jpg

熟練された職人が作業を進めます。


18aw_journal_pirozzi_8.jpg

仮縫い作業も、思わず見入ってしまうような手つき。


18aw_journal_pirozzi_10.jpg

生地を広げ、作業に取りかかります。


18aw_journal_pirozzi_9.jpg

流れるように生地を裁断していきます。


18aw_journal_pirozzi_12.jpg

ベテランサルトのフェリーチェ氏


18aw_journal_pirozzi_11jpg

針を進めるフェリーチェ氏


18aw_journal_pirozzi_13.jpg

長年愛用されている様子が伺える道具たち


18aw_journal_pirozzi_14.jpg

お客さまの詳細を記したオーダーメモ


18aw_journal_pirozzi_5.jpg

仮縫い状態のスーツ


18aw_journal_pirozzi_15.jpg

沢山の生地が並べられた工房内の一室

CLOSE UP

柔らかな曲線で作り出すエレガントなライン、美しい仕上げのボタンホールやステッチといった全てのディテールが破綻無くつながっているその一着は、既製服では成し得ないところといえます。

18aw_journal_pirozzi_16.jpg
18aw_journal_pirozzi_17.jpg


ふんわりとしたマニカカミーチャ、綺麗に首もとに沿う襟はハンドソーンとアイロンワークの賜物です。

また、肩幅を少し広くとり、ウエストシェイプを取りながらも窮屈さを感じさせず、ラペル幅は少し広めることで知的な印象を与えます。

18aw_journal_pirozzi_18.jpg
18aw_journal_pirozzi_19.jpg


伝統的な手法を頑なに守りながら、現代のニーズに合わせ、軽さを追及することで、羽の様な着心地と吸い付く様なフィット感を実現。その佇まいは疑いなく美しいと呼べるでしょう。

18aw_journal_pirozzi_20.jpg
18aw_journal_pirozzi_21.jpg


サルトリア ピロッツィでは、積極的にトランクショーを行い、ヨーロッパのみならずアジアをはじめ世界中で活動しています。そんな国内外の営業に携わっているのは、娘のジョヴァンナ氏。ナポリ屈指のマエストロによる家族経営のサルトリア ピロッツィは今後、サルトフィニー(全ての行程を一人でこなすことが出来るサルト)となった息子ドメニコ氏の世代へ受け継がれ、これからもナポリのサルトリアの伝統を保っていくでしょう。

SHOP EVENT


11月1日(木)~6日(火)ストラスブルゴの各店にて、サルトリア ピロッツィのビスポークイベントを開催します。当日は、ドメニコ・ピロッツィ氏が、お客さまの採寸を行います。彼らの服作りにかける情熱と、卓越した技術をご堪能ください。

イベント情報はこちら

18aw_journal_pirozzi_22.jpg

RECOMMENDED