STRASBURGO TAILOR'S PROJECT 干場 義雅氏 × 山神 正則 トークイベントレポート

2018年12月にストラスブルゴ ライフスタイル ストア 二子玉川店、ストラスブルゴ 福岡店にて、FORZA STYLE編集長でファッションディレクターの干場 義雅氏と、ストラスブルゴ ハウス テイラーズ ラボ専属シャツ職人の山神 正則を迎え、スペシャルトークイベントを開催しました。

18aw_journal_hoshibaevent_main.jpg

以前、ST JOURNALでも紹介した「STRASBURGO TAILOR'S PROJECT(ストラスブルゴ テーラーズ プロジェクト)」 。昨年、リニューアルオープンしたストラスブルゴ ライフスタイル ストア 二子玉川店の始動と同時に発足した新たなプロジェクトとして注目を集めています。

そのコンセプトは、ストラスブルゴがこれまで培ってきたテイラーリングに対する技術と経験をレディトゥウェアとして形にし、より多くの方に楽しんでいただきたいというもの。その商品に込めれられた職人のこだわりや、一見しただけでは分からない特徴などを、FORZA STYLE編集長でファッションディレクターの干場 義雅氏と、ストラスブルゴ ハウス テイラーズ ラボ専属シャツ職人の山神 正則に語っていただきました。

18aw_journal_hoshiba_3.jpg

ファッションに対する2人の熱いトークが繰り広げられます


18aw_journal_hoshiba_5.jpg

山神はストラスブルゴ テイラーズ プロジェクトに対する想いだけではなく普段、仕事をするハウステイラーズ ラボでのエピソードやシャツ職人になったきっかけについてなども語ってくれました。

18aw_journal_hoshiba_7.jpg
18aw_journal_hoshiba_1.jpg

特設ステージに並ぶ山神監修のシャツ


18aw_journal_hoshiba_2.jpg

大阪のハウス テイラーズ ラボに在籍する大島 崇照(おおしま たかあき)監修のジャケット

18aw_journal_hoshiba_6.jpg

干場氏からはシャツへのこだわりや、アイロンがけで始まる1日のルーティーンなど、興味深い話が語られます。また、当日干場氏が着用したのは、今回特別に山神が手掛けた、映画『007』に登場するジェームズ・ボンド扮する主人公が来ていたシャツをモチーフにした、ターンアップカフスのシャツだそうです。

18aw_journal_hoshiba_9.jpg

ターンナップカフスのシャツについて語る干場氏


18aw_journal_hoshiba_12.jpg

干場氏×山神のターンナップカフスのシャツは今後、商品化される予定です。

また、干場氏のこの時期のおすすめは、高機能でスーツスタイルとの相性も良いKiton(キートン)グループのアウター専門ブランド、KIRED(キーレッド)のアウターだそうです。

18aw_journal_hoshiba_16.jpg

カシミヤウールリバーシブルコート


18aw_journal_hoshiba_14.jpg

レーザーカット3WAYフーデッドダウンコート


18aw_journal_hoshiba_8.jpg
18aw_journal_hoshiba_13.jpg

トークショー終了後は、干場氏によるパーソナルスタイリングや山神によるシャツのサイズコンサルテーションが行われるなど、会場は大いに盛り上がりました。

18aw_journal_hoshiba_4.jpg

FORZA STYLE編集長・ファッションディレクター 干場 義雅
ストラスブルゴ ハウステイラーズ ラボ専属者シャツ職人 山神 正則

TAILOR'S PROJECT ITEMS

ストラスブルゴ専属シャツ職人の山神 正則と大阪のハウス テイラーズ ラボでテイラーを務める大島 崇照の監修で実現した、レディメイドのドレスシャツとスーツはストラスブルゴでしか手に入れることのできない逸品です。ぜひお試しください。

18aw_journal_tailor_15.jpg



18aw_journal_tailor_14.jpg

RECOMMENDED