CATEGORY

表紙


ストラスブルゴでは2019年秋冬から展開が始まるMONOBI(モノビ)は、今シーズン注目のブランドのひとつです。アウトドアであれ、街中であれ、シチュエーションを問わず屋外で過ごす時間を最適に過ごせるウエアというものを、機能面と快適さ、そしてデザイン性というポイントから徹底して追求し生まれたのが、モノビのウエアです。そんなアウターを徹底解剖します!

本格的なアウトドアに対応する高い機能性!


まずは、その機能性へのこだわりがすごいのです。防水機能、シームレス加工、超音波溶着、耐水性、パッカブル機能、放湿性能など...14種類の機能を、アイテムの特性や使用用途などに合わせて組み合わせ最適な着心地を追求しています。また、そのウエアに使用された機能性は、内側部分にあしらわれたタグに表記されていますから、どんな機能のアイテムなのかも一目瞭然なのです。だから「スキーやスノボによく行く」なんていう方ならダウンは800フィルパワーの本格使用なアイテムで、防水・防風性能と保温機能はマスト、ストレッチ機能や放湿性能なんかもあると動きやすくいいかも...とか、「デイ・キャンプに行くときに持っていきたいけど、ただでさえ荷物が多いのにアウターがかさばるのがなぁ...」なんて方には、パッカブル機能や3層構造の多機能生地のアイテムなら、折りたたんで気軽に持ち運べ、突然の天候悪化にも活躍する...なんて具合に、目的に合わせて機能表示でどのウエアにするか検討するのもいいかも知れません。こういった本格的なアウトドアシーンに対応する性能を打ち出しているので、そのディテールも丁寧に作りこまれています。極力縫製工程をなくすことで、保温効果を防水性能が高まるわけで、縫製箇所に関しては、ウエアの内側の至る部分に圧着テープでシーリング加工を施しています。そんなディテールへのこだわりも、「本格的なアウトドアに対応!」とうたうだけのことはあり、本物志向の男性にはうれしいところです。

透明


せっかくなんだから、日常使いできなければ意味がない!


プロのキャンパーや登山家ならいざ知らず、みんなそんなアウトドアシーンばっかりの生活なんてしてないはずなんです。むしろ、ほとんどの時間を都市で過ごしているわけで、せっかく買ったアウターがたまのアウトドアシーンでしか活躍しないなんて勿体ないから普段着でも活用したいと思うもの。とはいえ「本格的なアウトドアブランドのウエアだと少々やぼったい気もするし...」と思う方も多いのではないでしょうか?せっかく買ったアウターですから日常使いで着なきゃ勿体ないですよね?ご賛同いただける皆様には、「シティーボーイ」な顔つきのモノビのアウターは、街で着てこそその本領が発揮されるからピッタリなアイテムです。「だってそれは、モノビのアウターに生まれつき与えられた命題なのですから...」なんていうと少々大げさではあるのですが、モノビのブランドコンセプトがそもそも『本格的なアウトドアウェアに用いられる技術を活用した"アーバンウエア"』なのですから、街中での着用を念頭にしたデザイン性もその魅力のひとつと言うのは至極当然なわけです。とりわけ、この秋冬ストラスブルゴがおすすめするモデルをいくつかご紹介します。

18aw_journal_bia_22.jpg

熱圧着によりダウンの表面に立体的でインパクトのある模様を表現。ラグランスリーブなので動きやすく、快適な着心地のデザイン。袖部分にはウール素材が使用されていますが、こちらは裏地に防風機能のボンディングが施されています。スタイリッシュなシルエットとは対照的に、ダウンは800フィルパワーの高品質ダウンを使用、縫製箇所に関しては裏部分にシーリングを施し防風性能を高め、放湿性の高い素材を使用することで蒸れを防止するなど、本格的なアウトドア環境へも対応する機能性とこだわりが特徴的。

価格:78,000円(税抜)
cartbutton.jpg


圧着によりダウンのラインを縦方向にあしらったデザインが特徴的なフーデットダウン。防風、防水などの機能のほかに、サイドと袖部分はストレッチの効いた素材を用いることで、動きやすく、快適な着心地を実現しています。

価格:54,000円(税抜)
cartbutton.jpg


カーキのダウンジャケットは、ややビッグシルエットで、トレンド感のあるデザインです。フロントジップの部分も防風、防水仕様となっているほか、高い放湿性と防寒性を兼ね備え、寒い時期でも快適な着心地を実現しています。

価格:68,000円(税抜)
cartbutton.jpg


スウェットとTシャツもアーバンスタイルに仕上げてくれるのです


たとえ、近所で犬の散歩をするときであろうが、近くのコンビニにちょっと買い物するときであろうが、やっぱりオシャレには気を付けていたい...いや、少なくとも「ダサい」というレッテルは貼られたくないものです。とはいえ、ルームウェアのスウェットにTシャツを着替えるのもなぁ...なんてシーンでも、モノビのアウターを羽織れば、それだけでアーバンスタイルに仕上がちゃうのです。
無論、ブランドが掲げる「革新的な生地とハイテク技術を融合させることで、都会に暮らす人々のニーズを満たすより高いパフォーマンスウエア」というのはこんな些細なワンマイルライフの話ではないのかもしれませんが、なんだかんだ言ってもこういう日常で活躍するアイテムことまさに『必携アイテム』ということができるのではないでしょうか?


こんなご時世ですから、"サスティナブル"も大切なのです


昨今、色々なところで耳にする『サスティナビリティ』ということば。「循環可能な」という意味ですが、かみ砕いていえば、『自然や環境に配慮すること』となります。モノビの本社は、大自然に囲まれたイタリア・トスカーナの中心部に位置する工場でデザインから製造まで一貫しておこなわれており、そんな自社工場内の巨大な生産ラインに関わるすべての部門において、環境への配慮を心がけているとのことです。やはり、どんなに見た目がスタイリッシュに見えても、子供たちや、その次の世代へ少しでも良い環境を残したいといった大人の責任感にも意識を払えていなかったら格好よくないですよね?そういうことまで含めて理解してモノを選んでいるなんてちょっと格好いいとおもいませんか?


MONOBI 商品一覧は >>こちら